窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪

原種シクラメン・コウム
玄関脇のミャンハウス(作業小屋)で越冬し、花を咲かせてくれた♪
種を播いてそのまま、植え替えもせずに咲いちゃった(^^ゞ
この一鉢に幾つのコウムがあるのか・・・植え替えはどうしようか・・・
まんま鉢増しとか・・・ありだべか(^^;
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_16502676.jpg

春と言えば福寿草♪
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_16553741.jpg

庭のそちこちで咲いていて、知らないうちに種が運ばれたものもあるし
花壇にまとめて植えたのもあって
此処の福寿草はミョウガ畑から移植したもの♪
花壇の縁取りみたいになっていて・・・まとめて植えればよかったのかな(^^ゞ
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_16590921.jpg

後方に見えている葉っぱは水仙ではなくてナツズイセン^^
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_17000290.jpg

ミャンハウスの中で咲き始めたのは雪割草♪
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_17003935.jpg
これがね、小屋の中なのでちょっと間延びして咲くような・・・
花茎が、ひゅ~んと長くなるのだわ(^^;
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_17022937.jpg

外に鉢を持ち出してパチリ
陽の光に当たって気持ち良さそう・・・って、ちとピンボケ~(^^ゞ
実生から育った原種シクラメンコウムと、咲き始めた福寿草、雪割草など♪_a0136293_17033194.jpg



タグ:
# by cyakke-muu | 2020-03-14 17:05 | 山野草

猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪

あっという間に三月になってもうた(^^ゞ

二階の猫部屋で咲き始めたデンドロビウム♪
1月から3月後半まで、数回に分けて咲くような・・・
最初の蕾が開花するのが1月後半、それから2月後半、3月と
順繰りに咲いて、香りも同じように順繰りと漂う(^^♪
猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪_a0136293_14591840.jpg


同じように開花期が長いのがオキザリスのバーシーカラー(絞りカタバミ)
1月半ばから咲き始めて今もまだ花を見せてくれている。
写真は2月半ばのもので、この頃が最盛期だったかも~~(^^)/
猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪_a0136293_15032988.jpg


この冬はとうとう根雪にならなかった。というよりも
一冬の間いつも庭の何処かで土が見えていて
真冬だというのに、まったく雪が無いという状態のこともあった。
いつもなら吹雪で斜向かいの家が霞むこともあるというのに・・ねぇ。

福寿草の蕾が膨らみ始め
スノードロップが可愛い花を見せてくれて
もしかしたら、このまま春になるのかしらと・・・
思っていたら一晩静かに降り積もって庭が雪景色を取り戻した♪

その翌日、2月29日の朝のスノードロップ(^^ゞ
猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪_a0136293_15083264.jpg


午前中のうちに軽くて柔らかい雪は融けて・・・
猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪_a0136293_15092476.jpg

雪で半分倒れていたスノードロップも復活♪
強い子たちで良かった(^^)
猫部屋で咲くデンドロさん、雪の中で咲くスノードロップなど♪_a0136293_15095876.jpg


# by cyakke-muu | 2020-03-02 15:14 | 花 庭の四季

こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪

こぎん刺しの「ネズミの歯」または「籠目」という模様♪
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_13462357.jpg
前から刺してみたいと思っていた模様だけど、こういうのが苦手(^^ゞ
さや型と並んで、私には難しい模様となっている。
上下左右が対象で縦長の菱形模様になるのが当たり前のこぎん刺しの中で
この模様は・・・とんでもなく・・・

とりあえず練習をしてみる
ということで分かりやすそうな図案をネットで拾ってきて挑戦。
↓これが最初に作った「ネズミの歯」または「籠目」
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_13530186.jpg
ありあわせの麻布に、中途半端に残っていた糸を使って刺してみた。
あらま、なんとなく、いい感じのような・・・(^^)v

何とかなりそうというので紺地に白で刺してみる
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_13552232.jpg
とりあえず出来たけれど・・・何かが違う。
さて何だろう・・・と、この模様だとネズミの歯が四角で囲われている。
目指すのは連続模様で、ここから一歩前進させなくてはならない。
ということで小さなものだけど連続に刺してみる

↓刺し始めの三段目くらいまでが目も肩もコリコリに凝ってしまうくらい
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_13573447.jpg


何なんだろうこの模様は・・・
次は右へ・・・次は左へ・・・針は進むのに、なぜ進むのか分からなくて
手が覚えるとは言うけれど、これって不思議・・・(*_*;
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_14003412.jpg

なんとなく分かってきて・・・一・三・五の目を拾い続けて模様が生まれる
何を作るでもなく練習することで手が覚えてくれる
↓この一枚はこのまま永久保存♪
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_14030036.jpg


ところで前に刺した四角で囲ったネズミの歯は
布の空白が多くて勿体ない。
なのでもう一つの、手に慣れさせたい模様を刺してみることにした。

模様の名前は梅の花♪ 覚えれば単純なのだけど、
一・三・五と奇数を刺していくのが多いこぎん刺しの中で
この梅の花は偶数目を多く刺す。それだけで最初のうちは結構刺しにくい^^
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_14055597.jpg

ピンクの糸は淡いのと2種使って、このままではボーっとした感じなので
上下に白の糸流れを刺してしまった感じに仕上げる♪
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_14092677.jpg

ということで、こぎん刺しの練習から小さな小さな敷物が出来た。
これは作業を進めているうちに似合いそうなものが思い浮かんだ(^^)v

お雛様♪
それも梅の花に載った小さな小さなお雛様♪
今は玄関に飾って3月3日を待っている。
こぎん刺し 梅の花とネズミの歯(籠目) 時には練習も必要で♪_a0136293_14133507.jpg



タグ:
# by cyakke-muu | 2020-02-24 14:19 | こぎん刺し・手作り

この頃のHuu&チョビ♪ 二階の猫部屋など^^ 

こんにちは~♪ チョビでち~~(^^)/

こたつ布団カバーに、粗相というかなんというか、しちゃったので♪
洗いましてね、居間のストーブの前に吊り下げたわけ(^-^;
いつものお昼寝場所ということもあって、
ストーブに向かって首を出したり引っ込めたり、結局こののまま寝ちゃった♪
この頃のHuu&チョビ♪ 二階の猫部屋など^^ _a0136293_14374591.jpg



Huuとチョビの食事風景♪
決まった場所もあるけれど、その時にいる場所にお運びすることも多く
新聞紙一枚の上で向かい合って食べてる。
相当近づいても怒ることはなくて、嬉しい事ですニャ(^^)v
チョビはリバースの癖があって、上のこたつ布団カバーもそういうこと^^
この頃のHuu&チョビ♪ 二階の猫部屋など^^ _a0136293_14415435.jpg



一昨日はポカポカ陽気で、昨日は冷たいヤマセに雨
夜中から雪に変わったらしく庭が白くなってた。
二月半ばになっても根雪らしいものは出来なくて、
たぶんこのまま春を迎えるような気がする。
二階の猫部屋で、多肉さんたちとHuuと、淡い淡い雪景色
この頃のHuu&チョビ♪ 二階の猫部屋など^^ _a0136293_14433797.jpg



Huuちゃま♪ 今年16才(^^)/
この頃のHuu&チョビ♪ 二階の猫部屋など^^ _a0136293_14463834.jpg


タグ:
# by cyakke-muu | 2020-02-17 14:50 | 猫 日常

こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪

こぎん刺しのトートバッグ
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14370403.jpg
ただし、前回と同じくバッグは既製品でその上にこぎん刺しを縫い付けたもの♪
裏、というかどっちが表でも裏でもいいのだけれど
一応ね、表が「ヨツコゴリ」という模様の総刺しで意味は雪の塊とか欠片
イメージは一度溶けて固まってそれがちょっと砕けた感じのカケラ・・・
勝手に膨らませてみたけれど、溶けたりまたくっついて固まったり
それでヨツコゴリなのかも・・・春間近の思いを込めて♪

ということでヨツコゴリの反対側が春真っ盛りの・・・
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14435418.jpg

だいぶ前に作って、ずっと額に入れて飾っていたこぎん刺し。
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14460151.jpg
津軽の春もイメージでこしらえたものだったが
なんかね、見る人によっては白い部分が雪に見えるようで(^^;
はじめてリンゴの花の受粉作業を手伝った時のイメージで作ったのだけど
印象的だった白いリンゴの花を強調し過ぎて
作った本人にして、雪とは言わないけれど、リンゴよりは梨の花のような・・
梨の花は木全体が白くなるようにワッと咲いて香りも良く、すごく綺麗。
そう思い始めるといつ見ても梨の花のように見えてくるのが不思議♪


ということで思い切ってこぎんの上からチクチク・チクチク
刺繍糸のピンクと緑でなんとかリンゴの花に近づけようと頑張る♪
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14515573.jpg
近くで見ると厳しいが、ちょっと離れてみるとリンゴの花に見えるかも~^^
リンゴの花は蕾が濃い目のピンクで、花が咲くころは葉も展開して
真っ白の花ではない。確かに、ピンクと緑と白が入り混じってる
なんとか・・・まぁ・・・これ以上は無理だわね(^^ゞ
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14520847.jpg

全体をこぎん刺しで作りたいので側面はこんな縞々にしてみた。
「ハナコ」と「糸流れ」をくっつけてみた自己流のこぎん刺し♪
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14575306.jpg


反対側は色を変えて、
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_14594077.jpg
じつはこのベージュの地にこげ茶と白を合わせた縞模様。
最初は半端に残っていた糸を合わせてカラフルなものを作っていた。
合わせてみると目に優しくないというか、うるさい感じで全く合わない。
どうしてこんなのを作ったのか・・・って、自分でやった事なのだけど、
結局はこげ茶と白で最初から別なものを作って繋ぎ合わせた。

ではそのカラフル模様はというと、こんな感じだったのよ~^^
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_15043081.jpg

けっこうな長さで仕上げているのでやり直すよりは別物を作ることにした。
この頃ちょっとした楽しみになっている縦笛(今はリコーダーというらしい)
昨年末に購入したばかりで、その袋に丁度いい長さだった♪
カラフルさが笛には明るくて似合うのが、なんか、おもしろいね(^^)
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_15085644.jpg

既製品のトートバッグに縫い付けると、どうしても隙間が空いて
全体にしっくりしないので、今回も隙間を埋める工夫など♪
紺色の薄い生地を、やや乱暴に現物合わせしてごまかす(*'▽')
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_15163869.jpg

なんどかやり直したり、間に小物をいろいろ作ったりで
昨年、秋の初めごろからチクチク・チクチク始めたのがようやく完成
一度はこれで良しと思って全部をしつけ糸で仮縫いして
それから解いてやり直ししたのが遅くなった一番の原因。。。(^-^;
pcの脇にポンッと置いてそれっきり数週間、
横目で見ながら側面の配色を考えたり迷ったり
その時間も楽しみの一つではあるのだけど・・・♪


以前作ったのが秋から冬用で、今回のは冬から春用に使える。
既製品のトートバッグに縫い付けたもので、
なんちゃって感はあるが、やはり気持ちは弾む~~(^^)v
こぎん刺しのトートバッグ 第2弾は冬から春使用♪_a0136293_15120131.jpg



タグ:
# by cyakke-muu | 2020-01-26 15:24 | こぎん刺し・手作り