窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

冬のジャム作りは、簡単に~、お洒落に~♪

今日は冬のジャム作りのことなど♪
この色とりどりのリボンも、今回から登場(^^)v
洋菓子や、ちょこっとしたプレゼントの箱について来るリボン。
包み紙と一緒に取っておいたもので、いつかは使うだろうという気持ちもあったけど、
単純に、きれいなリボンや紐は見ているだけで楽しいのだわ~♪
a0136293_15123285.jpg




昨年末のこと、出先から戻った夫が、
「これ、貰ってきた・・・」と、差し出したのはズシリと重く冷たい塊だった。
中身は冷凍のブルーベリー、それも両手に余るくらいで1㎏以上はあったかも♪
「すごいね~、どうしよう~、やっぱ、ジャムだわね~」と、喜びつつ
とりあえずは冷凍庫に保存。ゆっくりできる時を待っていた。

せっかく冬に作るのだから冬らしい素材と合わせたい。
とりあえずは津軽のリンゴとイチゴが一番♪

リンゴは秋から食べ続けている「ふじ」を2個。
イチゴは田舎館村いちご研究会の「あさか」
じつは初めて食べるイチゴだけれど、小粒で味が濃い、
甘さもあるが、程よい良い酸味もあって、ジャムには合っているかも~

3パック買ってきて、全部をジャムにするつもりが、
美味しいので1パックはパクパク食べちった(^^ゞ
珍しいくらい締まった味というか、好みにドンピシャリ♪

大きめの鍋で、一気に作った冬のジャム、意外と良い出来でした^^


a0136293_15181117.gif




すごい色合いというか、取り合わせのように見えるけど^^
真ん中の紫が冷凍のブルーベリーで、手前がイチゴ、奥が刻んだリンゴ♪
リンゴは勿体ないけれど皮を剥くことにした。
皮を剥いてしまうと、白っぽい賽の目の集まりはジャガイモのように見える^^
a0136293_15193912.jpg





鍋を火にかけ、しばらくするとブルーベリーが解凍、
リンゴも良い色に染まっていく。
イチゴのヘタは取ったけれど固い部分はそのままで、
柔らかくなったら漉し取るつもりだったが、
今回は煮ながら途中で気が変わりその手間を省いた。

というのもグミや房スグリを多く使う夏のジャムよりも種が少なく果肉の部分が多い、
イチゴの種も食べていて、そんなに気にはならないだろうと、
なので、ある程度柔らかくなった頃に一度火を止め、ハンドミキサーでブーン♪

ジャムでハンドミキサーを使うのは初めてかもしれないが、
ハンドミキサーで混ぜ潰したあとは、そんなに時間をかけずに火を止めた。
かなり濃いようで、かき混ぜるゴムベラが重く感じる。
ということで、マァマァ上手くいったかも~~^^
a0136293_15203988.jpg




全部混ざってしまうと殆どブルーベリーの色に染まってしまった。
味は、イチゴとリンゴの香りが分かるけれど、
強く主張している訳でも無く、まぁまぁの出来だった。
しばらくは冬のジャムが楽しめそう。

昨年、ネットの友達のところで見せて貰ったジャムのビンを参考に、
こうしてきれいな薄紙とリボンを使うだけで、
何者か分からないガラス瓶もイメージアップできるのでした(^^)v
a0136293_15251435.jpg

by cyakke-muu | 2012-01-30 15:37 | 料理 酒肴

ミャンハウスに雪の階段(^^)v

ここ数日、また雪と格闘の日が続いている。
寒さは相変わらずで朝起きると窓のガラスがバリバリに凍っていて、
陽射しが無いと、そのまま夜まで凍っていてまた朝を迎えることになる。

雪は真っ直ぐに降ったり横から吹きつけたり、
それでもそういう雪はまだ柔らかくて楽。
除雪車が置いて行く道路際の固い雪にはみな手を焼いていて
道路はそのまま、玄関など出入り口の前だけの雪かきが多くなる。

ところでミャンハウス^^
雀の餌場には毎日通っているのに、ミャンハウスの戸は閉めたまま。
このところの低温では鉢も凍っていて乾く暇も無いだろう。
とはいっても、たまには様子を見に行かないと・・・ねぇ♪
ということで、珍しく青空が覗いた昼前の時間にミャンハウスへ~~^^


数日間放っておいたら、コンナンナリマシタ~~(^^)
a0136293_1751793.jpg



長靴で雪を踏み固めながら側へ行き、雪の階段作り♪
雪を崩して固めたり、多過ぎる箇所は放り投げて、意外と楽しい。
で、もって、ちょちょいと作った雪の階段を中から見ると・・・
a0136293_1785928.jpg



おもしろいので外から見たようすなど、
軽く作っておくのは、吹雪が始まると一日二日で元に戻ってしまうから^^
a0136293_1710732.jpg



ミャンハウスの中は前と殆ど同じ。水苔や鉢土は凍っているものが多かった。
雪で小屋の隙間がふさがって、ビオラは無事♪
最初に咲いた白のビオラは元気だった。
a0136293_171232.jpg



積雪が少なくて吹雪が続くと、窓や他の隙間から雪が入ってくるが、
これだけ積もると窓もぴったりと閉まったまま、隙間風も入らない。
a0136293_17141785.jpg



ここ数日の雪でコンポストもすっかり埋まっている。
掘り出して蓋を開け、溜めておいた野菜クズやリンゴの皮を投入。
蓋をした後で雪をかけ直しておいた。その方が凍らなくて蓋を開けやすい♪
それにしても、自分の足元よりも低い位置のコンポストは初めてかも~
滑って転んで、ここに落ちたら・・・と、変な想像をしてしまった^^
a0136293_17164393.jpg




コンポストの場所を掘り出す前に写した庭の様子。久しぶりの青空が眩しい。
a0136293_1719085.jpg




青空が広がり陽射しの入っている二階の猫部屋の様子は・・・
次々に花を咲かせているデンドロビュームも日光浴♪
そのほか、プリムラもミニシクラメンも多肉植物たちもみな元気。
a0136293_17243886.jpg

by cyakke-muu | 2012-01-29 17:37 | 花 庭の四季

大雪の朝 雀の餌場、ツグミ、動画テスト中など^^

今朝の雪ったらまぁ~~ カラスが露天風呂に浸かっている様に見えるわ~♪
頭を振りながら、くちばしを器用に使って昨日の餌を掘り出している。
というか、夕べからの雪がカラスの肩の辺りまで積もった訳(^^)
ここ数日気温が低くて、そのかわり積もる雪は少なかったけど、
今朝起きたら、モサモサ降ってた♪
a0136293_16545426.jpg




椿にもグミの木にも結構な数の雀がとまっていて様子を観ている。
a0136293_1705433.jpg




カラスがいなくなると、サッと集って来る雀たち^^
a0136293_1793692.jpg




雀の餌場から庭の奥を観るとこんな感じで、一番高い木がハクモクレン。
a0136293_1711286.jpg




ハクモクレンの前の方にモミジの木があって、ツグミが一羽♪
a0136293_1712977.jpg




二階の猫部屋からハクモクレンを観ると4羽の野鳥
3羽のツグミと、左端にいるのがヒヨドリ。
a0136293_1714041.jpg




ツグミ(右)とヒヨドリ(左)のツーショットは初めて♪
a0136293_1715177.jpg





雪が続いて餌台は見えなくなり、堀り出すのも面倒なので、少しだけ窪みを付け、平らにして餌を置くようにした。ハイビジョンでテスト中♪



072.gifこの動画、じつは新しいカメラで写している。
上はハイビジョン撮影で、下は小さいサイズ。
撮影しながらズームすると、
ピントが合うまでの時間はサイズの小さい方(下)が早い様な気がする。
どちらもいい感じだけど、ドライブに出かけて景色を撮るのはハイビジョン。
普通に鳥やネコ、花を写すには小さいサイズとか、工夫するのも楽しそう♪
カメラは、ソニーサイバーショットDSC-HX100V
まだ全然馴れていなくて、悪戦苦闘中(^^)/



このところチョウゲンボウが雀を狙って舞い降りることがあり、雀たちも緊張しながら餌をついばむ。何かに怯えると一斉に椿に逃げ込み、大丈夫と判断するまでジッとしている­。

by cyakke-muu | 2012-01-28 17:32 | 雀の餌台 野鳥

弘前の雪景色から、地吹雪の様子まで^^

用事で弘前へ出かけることが多く、ルンルン気分の休日とは違うのだけど、
吹雪でも、青空の広がる雪景色でも、冬の道を走らせるのは何となく楽しい。
とはいっても助手席を温めているだけなので、ノンキなことが言える。
運転している本人はハンドルを握る手に力が入り、
かなりの緊張と疲労感を覚えるらしい(^^)

1月に入って3回の弘前行き、印象に残っているシーンなど幾つか♪
街の様子と道路の様子を分けてみました^^

1/12雪を載せた茅葺き民家
a0136293_169418.jpg



1/12蔵や庭木にも雪が・・・♪
a0136293_161038.jpg



1/12どう間違ってもこの氷柱の下を歩こうとは思わない^^
a0136293_16111224.jpg



1/17小路へ入ると雪がいっぱいだけど、街の中心部や駅前の歩道は
雪が融けるように設備されていて、ご覧の通り
a0136293_1613233.jpg



1/17 茅葺き民家の庭の松の木^^
a0136293_1614252.jpg



1/12弘前へ向って走行中。青空と雪雲♪
a0136293_16201444.jpg



1/26板柳付近で、ちょこっと吹雪。天気が良くても急に吹雪や地吹雪になることがある。
a0136293_16223027.jpg



1/26同じく板柳付近の小さなポプラ並木
a0136293_16234944.jpg


1/26 1月に入って3回弘前を訪れ、毎回きれいな雪景色を観ている。
道も家もみんな真っ白で、それだけ毎日のように雪が降っている。
a0136293_1626224.jpg





家に帰り着くちょっと手前の道で地吹雪に遭った。
ずっと見通しが良かったのに、いきなり前が見えなくなる怖さがある。

防雪柵があっても、結構な地吹雪で先が見えなくなることがあって、
こういう時に追い越しするのは危ないのに、
対向車がぐにゅっと曲がって向ってきたので、
津軽弁的な驚きのだみ声を発しております。ホホホ~^^

by cyakke-muu | 2012-01-27 16:31 | 走れば楽し

この冬4回めの雪下ろしと、雀ちゃん

22日の午後に台所の屋根雪を下ろした。
3畳程の小さい屋根だがトタンに雪が載っているのでツルツル滑って危ない。
夏の間の布団干し用に柵を設けてあるとはいえ、
危険回避に長靴にシュロ縄で滑り止めを付けて貰っての作業。

1月半ば過ぎで、この冬4回はかなり多い方になる。
融けて積もって、吹雪いて締まり、それを繰り返しているうちに固くなって
暖気が入って雪はユルユルと思っていたが、かなり手強い。

軒先の部分は雪というよりも殆どは氷で、始めは叩いて落とす感じになる。
端から落として行って台所の窓の上の部分になったら、
屋根と氷の間に隙間ができたか強く押すとズリっと動く。
ぐいと力を入れたら、屋根から離れた氷が縦に落ちて下の雪山に突き刺さった。

玄関側の屋根から落ちたものよりは薄い氷だけど、それが中々融けないし、
窓の内側から棒でつついても動かない(^^ゞ
こっちが思っているよりも、ずっと重いのだろう。
今の時期 「融けたら水なのに・・・」と、誰もが一度は口にする言葉。だよね♪


台所の窓から首を出してみると、こんな感じ^^
a0136293_17303034.jpg




二日めも、三日めも、たいして融けなくて、しかも押しても動かない
そのうち昨日から真冬日で、まだ少しこのままみたい(^^)
a0136293_17312662.jpg




雀が来ても、見慣れない氷の板があっても、関係なくポリポリ・ポリポリ
黒い影はドライフードを食べているHuuちゃん♪
a0136293_17355848.jpg



雀の餌場・・・餌台ではなくて餌場。
とうとう餌台を堀り起こすのを止めて、それらしい場所に餌を撒いて来ることに^^
a0136293_17373430.jpg



雀ちゃんの後ろ姿、何と言うことの無い後ろ姿にはまっております(^^)/
a0136293_1739122.jpg

by cyakke-muu | 2012-01-25 17:43 | 雀の餌台 野鳥

猫部屋のHuu&チョビと、ブラッシング、チョビ玉など♪

ほんの数日の冬の中休み。猫部屋に陽射しが差し込んで、
Huuもチョビも嬉しそう、というか、まったり・ほっこり寛いでる(^^)
午前10:30頃から、長い時だと午後の3:30ぐらいまで、
猫部屋でウトウトしているのがHuuちゃん。
一応は遊びたくて、キャットタワーに誘ったりもするけれど、
結局は暖かい猫部屋の、部屋の奥に差し込んだ陽の中で寝ているのがチョビ♪

久しぶりのお日様は気持ちがいいでち。 ぐーぐーぐー ^^
a0136293_1543727.jpg



時々外で飛ぶ鳥の気配に目を覚ますこともあるけど、
a0136293_15443649.jpg



捕まえられないので、つまんないと思いつつ・・・
a0136293_15451981.jpg


やはり ぐーぐーぐー (^^)
a0136293_15455377.jpg



このごろのチョビのお気に入りの場所は・・・
a0136293_1610412.jpg



部屋の奥だけど陽射しが届く、ミニシクラメンと一緒の場所♪
a0136293_16112063.jpg



角度を変えるとこんな感じで、チョビちゃん、いいプニョプニョ顔・・・^^
a0136293_16144340.jpg



冬の日向ぼっこは気持ちが良くて、いつまでも続いてほしいけど、
今日はもう冬の空に戻って雪がちらついている。

ところで、Huu&チョビのブラッシング♪
昨年末、二匹揃って体調を崩した時は、こっちもドキドキ。
ストレスからいつもより多く毛づくろいし、その毛玉が溜まっていたのではと・・・

チョビは数日で回復したけど、具合がよくなって1週間ほど後のこと、
それまで見たことの無い、赤い色が混じった毛玉を吐いた。
大きさは2㎝くらいの玉状で、これがお腹にあったら苦しかったろうに、
赤い色は鮮やかではなく古い血の色、胃炎でもおこしていたのかもしれない。

その後、血の色の毛玉を吐くことは無く、出しても普通のもの。
ロンゲなので気をつけていてもこういうことが起こる。
血の混じった吐瀉物はMeeさんで経験済みで、
それ以後何ともなかったら無理に動物病院へ連れて行くことはしない。

軽く見ている訳ではないけれど、
チョビは抗生剤を飲ませると直ぐにユルユルウンPになり、
なるべくなら動物医院も薬も避けたいと思っている。



ということで、ブラッシング~~♪
小さい頃は夫一人で出来ていたが、こんなに大きくなってからは二人がかり^^
重いし、逃げる時の蹴り蹴りの強さったらもう~~アヘアへ~
チョビ玉は此処に来た時から今まで、ブラシをする度に足し続けてきたもので、
ちょこっとHuu&Meeも入りつつ芯までチョビの毛で出来ている。




そして久しぶりにHuuちゃんのブラッシング・・・って、全然出来てないしぃ~~♪


by cyakke-muu | 2012-01-23 17:36 | 猫 日常

久しぶりの陽射しで猫部屋のお花が~~♪

正月が過ぎてから吹雪が続き、青空の見えることは少なかったが、
冬の中休みのように、ポカッと晴天が2日ばかり♪
朝の窓ガラスのバリバリ氷は今日も続いているけれど、
陽が差せば融けてくれる。
二階の猫部屋も、久しぶりの陽の光に空気が和らいでいる。


昨年夏に種を播いて育てたプリムラ・マラコイデス
種苗会社から取り寄せているのはミックスの種で、
どんな花が咲くのかも楽しみの一つ。
まだ蕾だけれど、分かっている花色は、ただいま3色(^^)v
a0136293_14393726.jpg



苗の数が少なくて、この冬は猫部屋に上げたのだが、それが正解だったみたい。
ミャンハウスでは、まだまだ花が咲くのは先のことだったかもね^^
a0136293_14423388.jpg



この冬、益々いい紅葉で目を楽しませてくれている多肉植物
火祭り&虹の玉など
a0136293_14454622.jpg


赤いといえば、このドラセナ・コンシンネ
ドラセナ~~後の名前をいつも忘れてネットで画像検索してる^^
春から秋までをミャンハウスで過ごし、きれいに発色していたけど、
猫部屋へ持ってきたらチョビが葉っぱを齧る(^^ゞ
しょうがないので簡易温室に入れて置いたら、
元気だけど新しく伸びる葉が緑ばっかり^^
a0136293_14534979.jpg



もう一つ赤いというと、シボリカタバミ♪
これは紅白のシボリがきれいで、陽差しを受けると開くのも早く、ワクワクする。
植え替えせずに数年経って、今回は花の数が少ない。
一昨年も同じく少なくて、それが去年は沢山咲いたものだから、
つい植え替えをせずに暮らしてしまった。ニャッハッハーー^^
a0136293_159653.jpg



a0136293_1592967.jpg



猫部屋らしく、インターバル撮影はこんな感じで♪
a0136293_1513211.jpg




シボリカタバミのこの冬(2012年)の開花。
インターバル撮影ができるコンデジのおかげで楽しみが倍になり、
ツボミが大きくなると陽射しが待ち遠しい。
陽の光の変化(雲や窓枠、突っ張り棒の影など)で閉じたり開いたりも楽しい♪


by cyakke-muu | 2012-01-21 15:15 | 花 庭の四季

晴天の午後と放射冷却の朝、庭のお客様が・・・♪

1/19 晴れているというだけで、どうということの無い夕方近くの景色
吹雪が続いた後なので陽射しがたっぷりあるだけで嬉しいのだけど、
この、隣家の作業小屋や、その向こうの大きな駐車場の片隅に、
毎日追いかけているものがある♪

左端の屋根の上には真っ白な岩木山の天辺が見えているし
右端の下、ブロック塀の上で日を浴びている猫がいる。
この頃気にかけている子猫ではなく、顔見知りの猫さん。
あの子猫も、こんなふうに大きくなってくれれば良いのだけど(^^)
a0136293_1629328.jpg



a0136293_16294571.jpg



猫部屋から下を見下ろすと雪の上に足跡が点々と・・・
大きなのは猫、あとはカラスや雀、もしかしたら雉もいるかも~^^
a0136293_16413051.jpg



1/20 昨日に続いて冬の晴天。
放射冷却で庭木の全部に霜がついていてきれいなこと!
グミの木と雀♪
a0136293_1771566.jpg



イチジクの木にとまったヒヨドリ
a0136293_1782479.jpg



庭の奥ではハクモクレンにツグミ
a0136293_1791671.jpg



ナナカマドの実。
ツグミが食べに来てくれれば良いのに・・待っていたけど・・、来なかった^^
a0136293_1715020.jpg

by cyakke-muu | 2012-01-20 17:19 | 季節・自然

5個の柚子 皮も種も楽しみがいっぱい♪

5個だけ、柚子を買ってきた。
絞り汁はもちろん、大事に使ってきた皮の千切りも使い切り、
冷蔵庫に残っている柚子は何も無い。
いまあるのは種を利用して作った化粧水(?)だけで、
これはまだ当分大丈夫。毎日、水仕事のあとに必ず手にすり込んでいる♪

柚子の栽培の北限は福島県だそうで、
残念なことに津軽での露地栽培は無理。
一頃、鉢植えで育てたことはあるが、実が成ったのは最初の数年で、
それ以後、枝は伸びるが花がつかなくて、棘ばかりが出来てしまう。
植え替える毎に鉢が大きく重くなり、とうとう諦めた。
実を買う方が早い(^^)

遠方の友人から送って頂いたこともあって、そういう時には存分に楽しめた。
柚子の種を使って化粧水を作るようになったのも、
そういう風に送って貰ったのがきっかけとなっっている。
なにしろ、ビックリするくらい沢山の種が入っていたのだから^^

先日、所用があって弘前まで出かけ、
用足しを終えて1時間ばかりの暇が出来た時、柚子を探しに街に出た。
大手のスーパーと、町の台所的な市場など3件から合わせて5個の柚子を買ってきた。
平均すると1個の値段は200円で、大きさはまちまち。
産地はどれも高知県となっているが、どこの産でも新鮮な柚子であればOK♪

もしも、庭で育つ木なら1本でいいから欲しいのが柚子。
静岡県三島市で過ごした学生時代のこと、
校舎の、たぶん家政科の外壁に沿って、低い木が一列に植えられており、
冬になると黄色い実が目立ち始めていたような記憶がある。
冬休みだか、それとも春休みの時か、1個を失敬して家に帰ったことがあって、
香りは良いけれどゴツゴツと硬くて小さな実を、
父は不思議そうに、母は嬉しそうに見ていたのが懐かしい♪


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大きな1個はパック詰めの200円。中くらいと小さいのは1個が199円
値段は似たようなものだけれど、大きな1個は汁が少なくて、
でもまぁ、大きい分、皮の量が多いから良しとしよう(^^ゞ
a0136293_14365173.jpg



1個ずつ皮を薄く剥き、千切りにしていく。
これが白菜の漬け物や柚子大根、その他色々に利用できて嬉しい。
a0136293_14401570.jpg



5個全部の皮の千切りと絞り汁、それと結構な数の種(^^)v
a0136293_14413399.jpg



皮の千切りは小分けして冷凍室へ
向いた皮をそのまま乾燥させて使ったこともあるが、
長くなると、干しているうちに色が変色してきて使いにくくなる。
a0136293_14435213.jpg



保存用の小袋はジッパーのついたもの。
これで向こう一年、充分に使えるかも~~♪
a0136293_14474013.jpg



まとめて写してしまったけど、真ん中が柚子の種を焼酎に浸けたもの。
前は47度の焼酎を使っていたが、今回は25度、300ccくらい。
まだ無色透明だが、毎日フリフリしているとペクチンが出てくるのか、
段々とジェルっぽくなっていくのが楽しい。
種の量が多いと、あっというまに濃い液体に変わっていくような気がする。

種の左側にあるのが数年前に作って、今も使い続けている化粧水。
アルコールが強いからか常温保存で大丈夫。
水で薄めることも、保湿効果を高めるためのグリセリンを入れることも無く、
ずっとそのままで使い続けている。
容器は・・・ニャハ~♪  手ピカ〇ェルの空き容器(^^)

右のきれいな汁が柚子のジュースで、100ccくらいはあるのかな、
料理用には市販の絞り汁を購入したので、
これはハチミツを入れて、寒い時のホットジュースなど。。。♪
こんなふうに利用価値がたっくさんの柚子。
5個だと少ないように感じるけど、なんのなんの 目一杯楽しめますです^^
a0136293_157371.jpg


HP本館、チャッケ・ムゥは移転しました。
新しいURLは→http://cyakke.net/です。
今後ともよろしくお願いいたします(^^)v 2016年秋
a0136293_10243754.gif

by cyakke-muu | 2012-01-18 15:18 | 料理 酒肴

柿ナマスと柚子のことなど♪

時々だけど、ナマスを作るようになった。
元々大根は好きだし、大根の千切りを大量に作るのも好き。
甘い青首の所を2㎝くらいの厚切りにしてまな板の上におき、
とんとん千切りをしながらポリポリ食べる(^^)

いつもは紅白ナマスを作ることが多いが、
今の時期にもう一品、干し柿を使った柿ナマスも作ることにした。
柿ナマス。じつはあまり食べるのは好きではない。
酸味が少なく、甘くてべったりとしたイメージがあったから・・・

それでは自分で作ってみたら、ということで、作ったら・・・
なんとなく、これって、いけるんじゃなぁい♪
大量には作らない、少し作って美味しいうちに食べてしまう。
酸味と甘味と、大根のシャキシャキ感があれば大丈夫^^

柿ナマスのもう一つの主役は干し柿。
昨年秋、沢山作った干し柿のうち数個を居間にぶら下げたままにしておいた。
結構な固さになっていて、ショリ・ショリ・ズシ・ズシ包丁を入れ、薄切りにする。
a0136293_1924225.jpg



今回使った柿は3個。それでも半分に切って薄切りにすると結構な量になる。
なんとなく、キラ~ンと艶があるのは柚子の絞り汁を振りかけたから。
柚子の汁を振りかけて、薄切りにした干し柿をほぐしておく。
a0136293_1927784.jpg



千切りにした大根は塩揉みをして小一時間おき、ギュッと絞ったら
柚子の汁をかけておいた干し柿と合わせる。
砂糖と純米酢を好みの量振り入れ和えると出来上がり。
a0136293_1930428.jpg



ついでに、多めに作る紅白ナマスも、こんな感じで・・・って、
いつもの紅白ナマスだけど、一つだけ足りないものがあって、それは柚子の皮。
柚子の汁は入っていて、720mlの柚子の絞り汁の最後の利用がこれだった。
昨年3月購入の絞り汁が、これで無くなった(^^)
柚子の利用法はいっぱいあって、
千切りの皮は冷凍保存して何時でも使えるようにしているが、きれいに使い切って、
だから、昨日5個の柚子を刈ってきた訳♪
その柚子の話は、明日また~~~^^

とりあえず、柚子の汁だけは入っている紅白ナマスなど♪
a0136293_19423141.jpg

by cyakke-muu | 2012-01-17 19:44 | 料理 酒肴