窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:走れば楽し( 109 )

久々の日景温泉♪

3月も終わりに近づいて、先月同様、アソンデイナイことを思い出す。
天気図とにらめっこをしながら、弘前近郊で我慢するか・・・
もうちょい足を伸ばして日景温泉へいくか・・・♪

朝の天気をみて日景温泉と決定^^
Meeさんのシッコ待ちで出発は11時過ぎとなった。
殆どが当日の雪景色で、
高速道路を含めて片道だけのドライブの記録です(^^ゞ


五所川原付近の田んぼで、まず出迎えてくれたのは大白鳥。
北帰行の途中で羽根を休めているのだろう、
ここ数年、春先の田んぼでよく白鳥を見かけるようになった。
a0136293_1514034.jpg



やや山よりのリンゴ畑。
木の下に黒く点々と見えるのは、剪定したリンゴの枝。
a0136293_16152745.jpg



大釈迦付近を通過、
貨物列車が長々と通り過ぎてゆく。
a0136293_16174751.jpg



目的地へは峠を越えていくので、降りしきる雪に一瞬躊躇するが、
とりあえず高速道路へ向う。
a0136293_16202785.jpg



高速道路にのって直ぐに変な雪雲と出会う。
まるで竜巻のようにも見えて、面白いが不安もある。
こういう雲の下では必ず雪が強く降っている。
a0136293_16204658.jpg


延々と続く山のリンゴ畑を通過。
この山のリンゴ畑では甘味の濃い、身の締まったリンゴが収穫できる。
a0136293_1621397.jpg



ノンキに山の景色を眺めていたら吹雪(^^;)
さっきの変な雪雲に突っ込んだらしい。
a0136293_16212391.jpg



忙しく変わる天気の中で浅瀬石川を通過。
上流には津軽の水瓶と言われる、浅瀬石ダムがある。
a0136293_1622198.jpg



あっとう間に青空が広がる。これは嬉しい変化♪
a0136293_16221722.jpg



高速運転中の窓から眺めた岩木山
運転席の夫の向こうに見えていて、ノンキにもシャッターを切りまくる^^
a0136293_1622378.jpg



休憩は津軽サービスエリア
小さな公園があって、桜やナナカマドなど四季折々の楽しみがある。
a0136293_1623504.jpg



ゆっくりと岩木山を眺めて、
a0136293_16244941.jpg



側の桜の枝の新芽の状態を青空をバックにパチリ。
a0136293_1625573.jpg



「よき旅を」の楽しい看板を見ながら車に戻る。
a0136293_16252356.jpg



走り出せば、「トンネル情報・走行注意・ユキ」の文字が目に入り、
右横には大鰐スキー場が観える。
a0136293_16254166.jpg



短いけどトンネル♪
遊びに行く時はトンネルを抜けて、ついでに県境も越えると、
ようやくアソンダという気持ちになれる♪
a0136293_1626088.jpg



トンネルを越えると、そこは・・・同じような雪景色だった(^^ゞ
a0136293_16354944.jpg



雪は雪だが、夕べから降り続けた新雪で眩しいくらい白い。
a0136293_16382844.jpg



矢立峠を越えると秋田犬の看板が出迎えてくれて、ようやく県境♪
a0136293_16385767.jpg



いよいよ国道から日景温泉へ向って山道に入る。
秋田杉の木立の中を500メートル程進むと目的地に到着。
a0136293_16392789.jpg




山の中の一軒宿。日景温泉♪
a0136293_16404393.jpg



川の手前の駐車場に車を止め、一歩外に出ると懐かしい硫黄の香りが・・・
温泉は白濁湯で皮膚疾患などによく効くといわれている。
広いガラス窓越しに、山川の雪景色を眺められるのも嬉しい。
a0136293_16423016.jpg



初めてこの温泉に来たのは18年前のことである。
夕方に近い時間で、秋口のさわやかな風が吹き抜けていた。
温泉に浸かった後、ぼんやりと川を眺めていたらモゾモゾと動くものが・・・
よくよく見れば大小の狸が数匹、餌を食べている。

後で聞いたら温泉の住人が餌付けをしていたらしいが、
なんともノンビリとした姿で微笑ましい。
それ以来、温泉はここと決めたような感じで、
年に数回か、年によっては半年に一度くらいしか行けないが、
ほんの少し遠出した気分になれるこの温泉が楽しみとなっている
a0136293_16444775.jpg




玄関に入って直ぐに出迎えてくれたのは狸、、、ではなくて
看板猫の茶々丸(♂)だった(^^)v
a0136293_16432284.jpg



この茶々丸。お客さんが国道の温泉入口付近で保護した猫だそうだ。
テレビの温泉紹介番組で看板猫として温泉を案内、
それ以来全国のお客さまに愛され続けているらしい♪
a0136293_16434271.jpg



そして黒猫のクーちゃん(♀)
a0136293_1645472.jpg



ヒトを怖がることなく、懐いてくれるので皆に好かれている。
a0136293_1646598.jpg



以前よりもうんと広くきれいになった休憩室にはキャットタワーが♪
a0136293_16462755.jpg



休憩室からも窓の外の景色が広く楽しめる。
a0136293_16465069.jpg



そしてレトロな郵便ポストもお気に入り^^
a0136293_1647734.jpg



猫ちゃんに出迎えられ、そして見送られ、大満足の一日でした。
a0136293_16472530.jpg



帰りの杉木立。
午後の日が降り注いできれいでした。
お風呂の感じなどは以前の「走れば楽し」にちょこっとだけ掲載
HPのページへはこちらからどうぞ
a0136293_16474421.jpg

by cyakke-muu | 2010-03-28 19:31 | 走れば楽し

2月は全部 岩木山

072.gif2月のミニドライブは岩木山がいっぱい060.gif

用事があって弘前まで出かけたが、
考えてみると1月2月と用足しだけで・・・アソンデイナイ(^^;)
ということで、帰り道を大回り、ミニドライブを楽しむことにした。
2月にしては記録的好天で気温も高い。
コート無しで車窓も全開、信じられないくらいの上天気だ。
つがる市を出発、藤崎経由で弘前入り、用事を済ませたあとは
旧岩木町から建石経由で鳴沢、更に鯵ヶ沢漁港へ向う。
画像は全て、ドライブの途中で写した岩木山。
形の変化を楽しんで頂ければ嬉しいです♪


つがる市
住まいに近い田んぼと岩木山は見慣れた景色♪
a0136293_19231866.jpg



藤崎町のリンゴ畑
通ったリンゴ畑の殆どの場所に、剪定された枝の小山があった。
雪解けが早いからか、脚立を使っての作業も多くみられる。
岩木山は、つがる市側から見ると、女性的で、
弘前市の方から見ると男性的と言われる。
a0136293_1928108.jpg



旧岩木町(現弘前市)から見た岩木山、雄々しい姿♪
a0136293_19283724.jpg


旧岩木町から高杉、十面沢、建石、鳴沢、そして鯵ヶ沢へと向う。
車を走らせていると、いきなり目の前に白鳥が現れる。
池のように見えるが実は田んぼらしい(^^)
後で気がついたが、水面にチラリと山頂が写っていた。
a0136293_1929053.jpg



山のリンゴ畑
かなり標高の高いところまでリンゴ畑が広がっており、
山と反対の方向を見ると広く五所川原市を見渡せる。
a0136293_1924372.jpg


農道を走り、リンゴ畑を抜ける間に山の姿が更に変化する。
a0136293_19244981.jpg



山頂をちょこっとアップ♪ いつのまにか鯵ヶ沢町に入っていた。
a0136293_1925518.jpg



鳴沢に近づくと、見慣れた山の姿になっていて、ちと嬉しい感じ。
a0136293_1925213.jpg



そして鯵ヶ沢漁港と岩木山。
朝のスッキリとした青空から、段々と薄い雲がかかって山も霞みがち、
それでも2月末ギリギリセーフのミニドライブに大満足。
a0136293_19253357.jpg


岩木山をちょこっとズームアップ♪
鯵ヶ沢漁港でのもう一つの楽しみは新鮮な魚が買えること。
もしかしたら目的の本命はこっちかもね(^^)
a0136293_19254689.jpg

by cyakke-muu | 2010-02-26 20:48 | 走れば楽し

秋の西海岸ドライブ♪

11月も半ばを過ぎようとしているのに、この晴天♪
前々から観たいと思っていた北金ケ沢の大銀杏をめざして、
往復3時間のミニドライブに出かけた。
鯵ヶ沢町のバイパスを抜けると、いきなり日本海が広がる。
a0136293_18271068.jpg



久しぶりの海は気持ちがよく、窓を開けて風を楽しむ。
a0136293_18273476.jpg



赤石川河口付近の橋を通過、向こうに見えるのは五能線の鉄橋と岩木山。
a0136293_18275111.jpg



目的地の北金ケ沢の大銀杏。
「垂乳根のイチョウ」は平成2年に国の天然記念物に指定されている。
通路よりも一段下がって、まるでトトロの世界に入っていくような気が。。。
a0136293_1853387.jpg



一本の木なのに・・・不思議な世界が広がる。
垂乳根のイチョウ。詳しくは↓の記事へ
a0136293_18375679.jpg



大銀杏を充分に楽しんだあとは、もう一度海岸線へ戻り、走り進む。
見慣れた風合瀬海岸の風景。
なにかを採っているオジサンがいたが、魚か海草かは分からなかった。
海から空へ目を移すと、、、、、不思議な雲が・・・・・
a0136293_1853406.jpg



Uターンしたような飛行機雲、真っ直ぐ伸びてから強い風をうけたのか・・・?
a0136293_1854266.jpg



視線を海に戻せば、青い海原と遥か彼方にはフェリーボートらしい姿が見える♪
a0136293_18542118.jpg



風合瀬海岸と右の建物は道の駅
a0136293_18544834.jpg



帰りのドライブに入り、
途中で見たカラフルな旗と国道沿いのイチョウを見るために車を止める
カラフルな旗は郷土出身の力士の旗♪
(町を上げて応援しているのでしょう^^)
a0136293_1855122.jpg



いつも見ていた国道沿いのイチョウの木。
以前はこの木が大銀杏なのだと信じ込んでいた。
木の回りが整備され、ホッとできるゆとりの駐車場になっていたのは嬉しい変化。
a0136293_18552843.jpg



家に近づくころ、サギらしい鳥を見かける。
この近くの池(沼?)では初夏に睡蓮の花も見ているが、
通るたびに新鮮な発見のある場所である。
a0136293_18554575.jpg



静かな風景をしばらく楽しむことができ、3時間のミニドライブは大満足でした(^^)v
a0136293_1856232.jpg

by cyakke-muu | 2009-11-25 19:41 | 走れば楽し

垂乳根のイチョウ (黄色一色♪)

西海岸には日本一の大銀杏があるという。
前々から話には聞いていたが、国道から離れていることもあり、
また運悪く、というか、国道沿いにもそこそこ大きな銀杏の木があって、
長いこと、その木が大銀杏なのだと思い込んでいたのだが、
数年前に、それは間違いで、ホントの大銀杏が集落の中にあるのだと分かった。

小さな案内板を頼りに探し出し、たしかに大きな銀杏の木と確認したのが
3年程前のことだろうか。
ただ、黄葉の季節に訪れるのが難しく、
うまい具合に休みを作ると、大荒れで一晩のうちに散ってしまうということもあった。
今回はライブカメラと天気予報を念入りにチェック♪

行くなら今日しかないと、ずる休み(^^)
往復3時間で帰って来れば仕事にもそれほど差し支えない・・・なんちゃって。
午前中の日の当たっている時間に行って来ることが出来たのはラッキー♪

国の天然記念物に指定されている、深浦町北金ケ沢・垂乳根のイチョウ
金色に輝く大銀杏にようやく会うことができた。



072.gif遠くからでも分かる大銀杏(画像中央の黄色い木です)
あとは説明を省きますので、
途中の深浦町の説明文を参考にしながら楽しんでいただければ嬉しいです♪
a0136293_17304144.jpg



a0136293_1731611.jpg



a0136293_17313576.jpg



a0136293_17321118.jpg



a0136293_17323155.jpg



a0136293_17325248.jpg



a0136293_17331152.jpg



a0136293_17333352.jpg



a0136293_17335839.jpg


( ↓垂乳根 )
a0136293_17342021.jpg





a0136293_17343975.jpg



a0136293_17345721.jpg


a0136293_17352389.jpg



a0136293_17354090.jpg



a0136293_17355748.jpg



a0136293_17361360.jpg



a0136293_17363150.jpg


HP本館、チャッケ・ムゥは移転しました。
新しいURLは→http://cyakke.net/です。
今後ともよろしくお願いいたします(*^^)v 2016年秋
a0136293_10292036.gif

by cyakke-muu | 2009-11-24 18:06 | 走れば楽し

十三湖 と 日本海をチラッと♪

十三湖と日本海といいつつ、のっけから変なやつの登場♪
実はこれ、虫送りの虫である。
昔々は各村落の出入り口付近の木に飾って、
田んぼや畑につく害虫を追い払うというおまじないのようなもの。
6・7月ごろには村の青年団が中心になって虫送りの祭りが行われたいた。
a0136293_1547994.jpg


今では虫送りの祭りを行う所も少なくなったらしい。
竜に似たこの虫は十三湖に着く、少し手前の村落で見かけたもの。
a0136293_15473728.jpg




十三湖は潟湖で日本海とつながっている。
大雨の翌日で湖の色は透明ではなかったが、潮が入る時間帯だったのか、
橋の下辺りから湖寄りにきれいな波が立っていた。
小さいが岩木山が見えていて、一番懐かしい風景かもしれない。
a0136293_1548637.jpg




湖の対岸のさらに遠くには、天気が良いと八甲田連峰が見える筈。
この日は残念ながらはっきりとは確認できなかった。
a0136293_15483260.jpg



実家の桟橋から写真を撮っているが、
この景色の中に見慣れない塔が建設中だった。
聞いてみると風力発電なのだとか、また新しい風景ができて目を楽しませてくれそうだ。
a0136293_1549441.jpg




実家を出て、小泊方向に10分程走ると磯松という地区に入るが、
その少し手前の浜辺で一休み♪
潮の香りが心地良いが、風が強く波が大きい。
浜に出て右を見れば・・・小泊地区の権現崎。
a0136293_15493346.jpg



磯松から脇元にかけて、
荒い波が打ち寄せて、砂浜を削るのか、波除けブロックが増えているように感じる。
a0136293_15495648.jpg



左を見れば岩木山♪
灯台が見える筈だが、波が大きく、確認するのが難しい。
a0136293_15503980.jpg



カモメも風に流されそうになりながら飛んでいる。
a0136293_15512577.jpg



砂浜には波除けブロックの他に、
防風。防砂などの目的で作られた囲いが無数にあり、
以前は、松などの苗木を植えていた記憶がある。
a0136293_15515514.jpg




風が強過ぎるので、海のドライブは諦め、十三湖をぐるりと廻って五所川原へ向かう。
途中、十三湖高原、道の駅トーサムへ立ち寄り、展望台へ。
実は故郷と言いながら、十三湖高原という名前は初めてで、どこか面はゆい感じがある。
ただ、高いところは好きなので、とりあえず上って景色を楽しむ事にした。
十三湖の端っこと日本海が、眩しくきれいに光って見える。
a0136293_15521829.jpg



もう一方の端っこを見れば、また岩木山♪
さすが、お岩木山で、この周辺、どこからでも端正な姿を望む事ができる。
a0136293_15523757.jpg



振り返って見れば、緑濃い山があり、市浦牛が放牧されている牧場が広がっている。
a0136293_1553046.jpg



牛・牛~と、牧場を探してもいなかったが、すぐ足元にいたのにはビックリ(^^ゞ
a0136293_15532689.jpg



実家の桟橋から見た十三湖大橋がここからだと遥か彼方に確認できる。
湖の色がこんな感じで勿体ないが、自然の力には勝てない。
昨夜の大雨が既に湖に入っており、こんな色になってしまった。
太宰治が、「津軽」の中で紹介していたような
「浅い真珠貝に水を盛ったような、気品はあるがはかない感じの湖である」
という美しいイメージからは遠いものになってしまった。
a0136293_15534486.jpg



せめて青空と秋の雲を楽しんで頂いて、
きれいな十三湖はこの次の楽しみに残しておくことにしましょ( ^-^)
a0136293_15542249.jpg

by cyakke-muu | 2009-08-30 17:11 | 走れば楽し

青空に誘われて 鯵ヶ沢漁港

7月31日 いつものように弘前へ向かう。
まだ梅雨は明けずにいたが、空には珍しく青空が広がっている。
助手席からぼんやり空を眺めていると、なにか忘れ物をしているような気がしてきた。
なにか変だ、こんなに空が青いのに、モヤモヤとした気分はなんだろう。

運転している連れ合いにも確かめてみる。
天気が良くて、気持ちはいいけど、なんか忘れているような気がする・・・
ウーン、そうだなぁ。梅雨も明けていないし、休みもなかったし・・・

ギャー!! それだ!
所用の為、2週間に一度は弘前へ行くが、それは遊びではない。
岩木山の麓にあるという果樹園に行く予定をたてていたが、
ぐずついた天気で果樹園へ行くこともなく 7月が過ぎようとしている。
まさに今日は31日だ。
だから、、、午後の数時間をおもいきり遊ぶことに決めた♪

           ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


青空にすじ雲が伸びている。久しぶりのきれいな空を見て、気持ちもはずむ。
a0136293_13123350.jpg



弘前へ行く途中の、りんご畑の端っこにあるマルメロの並木を見てみる。
実はまだ小さく、びっしりと産毛がついている。
a0136293_13531483.jpg



マルメロの木
a0136293_13534367.jpg



弘前へ入る頃に見えた雲。
天気が不安定だからなのか、おもしろい雲の並びが見える。
a0136293_13131419.jpg




弘前市内 革秀寺の蓮。 ぽつりぽつりと花が咲いている。
a0136293_13541745.jpg


全面ではないが、ツボミも確認され、これから開花するものも多い。
しかし、道を挟んで反対側の蓮池はツボミはもちろん蓮の葉も僅かしか見えない。
ザリガニの仕業らしいが、はっきりしたことは分からない。
弘前公園のお掘りでもザリガニの被害があったらしく、来年には再生してほしいと思う。
a0136293_13544653.jpg



弘前から岩木川を越え、りんご畑の山道をひた走って鯵ヶ沢へ向かう。
岩木山が次第に山の形を変え、西海岸が近いことを教えてくれる。
そして鯵ヶ沢漁港♪
潮の香りとともに、広げた網の匂い、波の音、カモメの鳴き声が聞こえ、心地好い
港と海と岩木山。 空を見上げればポッカリとお月さま。
a0136293_13554120.jpg


何度も近くまで来ているのに、漁港を歩いたのは初めてのこと、
海も川も好きだが港湾設備などには疎く、説明は控えたいと思います(^^;)
a0136293_13555750.jpg



a0136293_13561382.jpg



二つの灯台が有り、その間を通って漁船が帰って来る。
a0136293_13564096.jpg


のんびりと西日を浴びているカモメ
a0136293_13575213.jpg


茶色の鳥がなにか分からなかったが、どうやらカモメの幼鳥らしい。
a0136293_13581286.jpg


懐かしい、イカ釣り舟のランプ
a0136293_13585076.jpg



港を照らすランプの飾りは船の舵をデザインしたもの。
a0136293_14334796.jpg



車を止めた場所から広く港が見渡せる。
すぐ近くに、漁港でその日にあがった魚を扱う「食事処たき○」があった。たきわと読むそうです。
時間外だったが魚の販売はOKで、新鮮なイカとモズクを購入。ラッキー♪
a0136293_13593395.jpg



帰路。こちらは海岸沿いの屏風山に沿って木造方面へ向かい、
五能線は途中で交差して弘前へと向かう。
a0136293_13595349.jpg



そうして、家に帰れば、津軽富士と呼ばれる岩木山がいつもの形で出迎えてくれる♪
a0136293_1402732.jpg

by cyakke-muu | 2009-08-02 14:53 | 走れば楽し

ラベンダー通り(弘前市)

弘前市内のラベンダー通りは、道路の中央分離帯およそ2㎞に渡ってラベンダーが植えられている。
花の時期は紫色の絨毯のようで見事♪ ちょこっとした用事がある時は、わざわざこの通りを走って貰う。
7月7日まではこの状態が楽しめて、それ以後は短く刈り取り次の時期に備えるという。
車が走っている時に行う作業は大変だろうに、頭が下がる思いがする。

秋になると2番花が咲いて、うっすらと紫がかった景色が楽しめ、
冬には、どっしりと雪が積もっているのを目にするが、
それでも毎年変わらずに見事な花を咲かせて、ずいぶん強いものだと思う。


a0136293_15135544.jpg






a0136293_1514497.jpg





a0136293_15152188.jpg





a0136293_15155186.jpg

by cyakke-muu | 2009-07-06 15:17 | 走れば楽し

津軽の西海岸風景です

少し前のことになりますが、津軽の西海岸ドライブを楽しんできました。
鯵ヶ沢の海浜公園駐車場ではブタナを、
風合瀬(かそせ)という港のある浜辺では、カモメと戯れ、沢山のハマヒルガオを見ることができました。


鯵ヶ沢 海浜公園 駐車場にて
a0136293_1524772.jpg




走行中に五能線の列車とすれちがい
夢中でシャッターを切ったら、なんと写ってた♪
a0136293_153492.jpg





風合瀬海岸の風景。ハマヒルガオと海とハクセキレイ
a0136293_157429.jpg





千畳敷き海岸と五能線リゾート白神「くまげら号」
HPに風合瀬の港の風景などをあっぷしています。HPへはこちらからどうぞ

a0136293_15103229.jpg

by cyakke-muu | 2009-07-05 15:16 | 走れば楽し

西海岸

a0136293_16465125.jpg

深浦の近く、風合瀬(かそせ)海岸の風景
by cyakke-muu | 2009-07-02 16:49 | 走れば楽し