窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2013年 07月 10日 ( 1 )

この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど

暑くなったり、ヤマセで肌寒かったりを繰り返し、
この頃は梅雨真っ最中で、ジメジメ・ジトジト~~
二階の猫部屋も階下の居間も、ずいぶん遅れたけど夏バージョンにした。
居間のホカペを片づけるのが7月に入ってからというのは初めてかもしれない。
ついでに猫ベットも夏バージョン♪
ささっと上に来たのはいつものようにHuuで、それからチョビ^^
とりあえず並んで座ってくれるのが嬉しい。
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_18192939.jpg



暑い日のチョビ。二階にある別荘は殆どチョビ専用♪
なぜか室温の低い階下の居間よりも二階のペットキャリーがお気に入り
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_1822685.jpg



毎年恒例のミズ(ウワバミソウ)の皮むきのお手伝い♪
初めて我が家に来た時(2004年初夏)から変わらず続いているので
何か、Huuの好きな匂いでもあるのかしらん(^^)
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_18271642.jpg



閉め切った猫部屋でラベンダーの乾燥をしていて、
晴れた日は35度くらいにも室温があがり、人も猫も暑くて居られないが
雨の日や曇りの日は除湿機のおかげで快適な部屋になる。
でもってリクライニングの椅子などを持ち出して昼寝など・・・と、
先に陣取ったのは、やはりHuuちゃんだった♪ (7/7)
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_19331837.jpg



じつはHuuちゃん、3回めの痙攣発作を起こした。
昨日の早朝、3時半ごろのことである。
暑くなってからはベッドの上の足元で寝ていて、ひっくり返ってお腹を出し、
足をおもいきり伸ばして夏らしい寝姿を見せていた。
なにか異質な感覚を覚えて目が覚め、
Huuを見ると背中を見せて縮こまり小刻みに身体が動いている。
痙攣を起こしているのが分かり、直ぐに側へ行って身体を抱くようにして撫でてた。

少しの時間が経って治まらず、主人も目を覚ます。
後で聞いた事だが、ベッドの振動が伝わってきて地震が起きたのかと思ったそうな。
Huuの身体はそんなにも震えて(痙攣して)いたのかと驚いた。

それで治まってくれれば良かったが、突然跳ね起きてダッシュ
木の箱をひっくり返したようなベッド脇のテーブルに激突、
次の瞬間、身体が垂直弓なりにジャンプ。たぶん50センチくらいかと・・・
それからまた走り出し(身体が勝手に動いているような)、部屋の隅で身体を硬直させた。

そっと腕に抱いて身体を撫でて、少しずつ治まってきたが
口が少しだけ開いていて少々の涎、そして・・・舌が斜めに出てるのが見えた。
落ち着けば元に戻ると思ったが、覗き込んで見てくれた主人が
歯が舌に刺さっているのを見つけた。

このままでは可哀そうだろうと主人が言い、少し力を入れて口を開け、直ぐに取れたが、
激しくぶつかると、こういう事が起きるという事がよく分かった。
Huuちゃん、しばらく落ち着かなかったが、そのうちベットの下で寝たようだった。

昨日の一日、やはり落ち着かない時間が多かったが、それでも何とか普通に戻って、
夜は夜中過ぎくらいから、いつものようにお腹を出して手足を伸ばし、寝息をたてた。
これで3度め、もしかしたら次もあるかもしれない。

2階には置いていなかったフラワーレメディのレスキューを急遽取り寄せ。
今日から居間と二階と、両方に置き薬^^
落ち着かない状態のままで病院へ連れて行くのもストレスになるので
あともうちょっとしたら連れて行こうと思っている。

前の検査からちょうど半年くらいか、暑くなって食べる量も減り
ちょっとだけスリムになったHuuちゃん。
発作を起こした午後の様子。ちょっと不安そうな顔をしてるかも~。
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_2061885.jpg



ちょぴりビックリしたけど、もうだいじょうぶでち~、ほんまかいなHuuちゃん^^
この頃のHuu&チョビと、Huuの3度めの痙攣のことなど_a0136293_20161466.jpg

by cyakke-muu | 2013-07-10 20:10 | 猫 日常