窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など

ホトトギス「白楽天」の地植え株の花。
鉢植えよりも一足早く咲いて、目を楽しませてくれる。
地植えにすると驚くくらい大きく育って、茎も太い、
小鉢では10㎝そこそこで花を咲かせるのに、不思議なものだ。
ホトトギスの普通種も好きで、大きな株に育ったが、
ある年、ネズミの被害にあい、庭から姿を消してしまった。
華奢に見える白楽天は、意外に丈夫でネズミの被害にもあわず、
庭のソチコチで増えている♪
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13235240.jpg


日陰を好むようで、写真に撮ってもやや暗い感じがします。
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13241270.jpg



雀の餌台の下では、ホオズキが色付いて、秋の装い♪
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13245368.jpg



アリッサム。いつもは沢山の自然実生の苗ができるのに、今年は少なかった。
餌台の下には二株だけ、こそっと花を咲かせている。
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13252322.jpg



マリーゴールドも、こぼれ種の自然実生。
数株は必ず生えているのに、今年はこの一株だけだった。
それでも、これだけ花が咲けば、できる種も多く、来年は沢山増えるかもしれない♪
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13254288.jpg



餌台のお客さまは赤トンボ。
なぜか卵を産みつける動作を繰り返していて、不思議・・・?
ホトトギス白楽天と、餌台回りの花など_a0136293_13262127.jpg

by cyakke-muu | 2009-09-21 13:42 | 花 庭の四季