窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

初めての岩木山 山頂

岩木山 山頂

初めての岩木山 山頂_a0136293_16584286.jpg
長年の夢だった岩木山に、ようやく登ることが出来た。

「誰でも自分の山を持っているものだ」と、教えてくれた人がいる
それは故郷の山だったり、赴任先や学生時代を過ごした所の山だったり様々だろう。
私にとっての「自分の山」は岩木山

いつも身近に観ていて、だけど少し遠い
若い頃に一度だけ9合目から上へ行ったことはあるけれど
強風と大きな岩に恐れをなしてあっという間に下りてしまったことがある(^^ゞ

初めての岩木山 山頂_a0136293_17034643.jpg
ずっと晴天だったら良かったが、中々そこは難しい
それでも一瞬の晴れ間に遠くまで景色が見渡せる

初めての岩木山 山頂_a0136293_17053559.jpg
座って一休みしている人たちから時折歓声が上がる
雲が切れて広く見渡せた一瞬がうれしい。

初めての岩木山 山頂_a0136293_17073602.jpg
岩木山神社の奥宮

初めての岩木山 山頂_a0136293_17081542.jpg
岩木山 山頂
標高 1625M
この鐘を2回、鳴らしてきた

山を征服するという言葉をよく聞くけれど
私にはとんでもない言葉で、登らせていただく、頂上に立たせていただく
不思議と、素直になれる、苦しかったけれど登って良かった。

初めての岩木山 山頂_a0136293_17113756.jpg
午後から曇るという事で急いで下山

初めての岩木山 山頂_a0136293_17145552.jpg
時々見える景色が嬉しいけれど
気持ちに余裕がなく、これが精いっぱい
足元には沢山の花が咲いていて
山野草が好きなのに、ポケットからカメラを出すのが怖いくらい
景色も花もどっちも写せばいいのに
本当に必死で登って降りて全く余裕なしだった。

初めての岩木山 山頂_a0136293_17175523.jpg
登る時も下る時も右回り
同行した友人の後ろ姿と、急斜面を登る登山者

ビックリしたのは小さな子度を連れた家族が多かったこと
中にはまだ赤ちゃんを抱いている人もいて
これには本当にビックリ

岩場の急斜面は
登りは四つん這い、下りはお尻と手と目いっぱい使って
椅子に腰かけるように岩にお尻を衝いて
両手を広げて岩に押し当てズリズリと降りる感じだった

初めての岩木山 山頂_a0136293_17215973.jpg
振り返れば岩木山山頂が~~

初めての岩木山 山頂_a0136293_17222156.jpg
途中にある避難小屋
この向こうに9合目までのリフトの駅がある
慣れた人には9合目から頂上までの短い登山というけれど・・・・・

とんでもなく長くて険しい、何度となく、もう止めようと思ったが
同行した友人が、「ここまで来たのだから、あともうちょっと」
「あと一頑張りで頂上だよ」「見えてきたよ」声をかけてくれて助かった。

出発したのは3人で
皆が膝や腰に何らかの問題を抱えていて
9合目から一歩でも二歩でも上へ行けたらオッケ♪ということで始まった
残念ながら一人は途中棄権となったが、それでも避難小屋よりも上へ行けた
全員そろって山頂に立つことはできなかったけれど
それぞれに岩木山と格闘した一日は思い出深いものとなった



いろいろと書き足りないけれど
とりあえず、記録として。


by cyakke-muu | 2022-08-05 17:31 | 季節・自然