窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

庭のお客様はキアゲハと・・・キジバトの営巣・子猫の保護など

庭のお客様♪

ヤマセの強い日が続いた数日前のこと
ユリの花にキアゲハが休んでいた。

a0136293_15570729.jpg



近寄ってみるとホントにただ休んでいるという感じで
蜜を吸っているわけでもなく
花に舞い降りて一休み・・・?
羽化したばかりのような綺麗な羽。
柔らかいような、優しいような
もしかしたら伸び切っていないのかもしれない羽
蜜の吸い方もまだ分からない・・・?・・・まさかね(^^)/
a0136293_15525974.jpg


ユリから飛び立って風に流されてフワフワ飛んで
それからまた別のユリの花へ~~
a0136293_16005158.jpg



近づいてみるとここでも蜜を吸うというよりは
ただ乗っかって一休みと言う感じ^^
a0136293_16015394.jpg




しばらくの間、飛び立っては風にふられて花に降りることを繰り返し
時には花ではなく緑の葉にも降りたり
a0136293_16041991.jpg


そのあと降りたのは蔵の脇のミョウガの葉っぱだった(^^ゞ
ここはヤマセも当たらず静かに過ごせる
しばらく休んだら今度は蜜を吸いに花に飛んでいけるのかな・・・?
休んでいるのを邪魔しないようにそっと離れた(^^)
a0136293_16062692.jpg


庭にはいろんなお客様がやって来る
今一番ドキドキしながら見守っているのはモミジに巣をつくったキジバト
かなり近くへ行っても卵を抱いているキジバトは動かないけど
刺激はしたくないので見たいけど見ないように^^
写真もぐっと我慢の子でまだ一枚も写していない

ずっと前の、カラスに襲われたモズの巣のことがあるので
無事に雛が孵って巣立ちするまではなるべくそっとしておこうと思っている
ちょっとね、怖いというか、とにかく無事に事が進んで欲しい。

花壇で作業していると、
巣から飛び立ったキジバトが頭すれすれに飛んでいくことがあって
それが巣をつくり始めた頃から何度かあるので
なんとなく意識してみるようになった。

あれはたぶん威嚇ではなく警告のようなものだろう。
手を伸ばせば届くようなモミジに巣を作っていて
その下で草を取ったり、ブラックベリーやユキヤナギの手入れをしても
じっと卵を抱き続けているキジバト。

意外と人を怖がったり嫌ったりはしていないように感じるが
”それ以上は近づかないでね”、と、人の頭すれすれに飛んでいくのかな
そこいら辺は、なんかすごく面白くも有りだけど
カラスに気づかれないうちに子育てが終わって欲しい。
今はただそれだけ・・・(^^)/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



庭のお客様といえば、もう一ヶ月も前の事になるが
台所の窓の下の小さな花壇に子猫が~~~!!
ミーミー、ピーピー、時折聞こえてくる声が切なくて

鳴き声が止むと、いなくなったのかな・・・
また聞こえ始めると、どうしよう・・・どうしたらいいのか・・・
そうこうしているうちにとうとう子猫と目が合ってしまった。

手のひらサイズの子猫が三匹。主人と一緒に保護して、
片手に乗った子猫の軽さに何とも言えない気持ちがこみ上げた。
乳離れをした頃を見計らって捨てられたのだろうか、そんなひどい事を・・
10分か15分か・・それくらいの時間が過ぎた頃
驚いたことにお母ちゃん猫が現れて、それも、もう一匹、子猫を連れている

大変大変、どうしよう・・・
時々庭を横切っていた美人ネコさんがお母ちゃんだった。
小柄な綺麗な野猫さん、必死で食べ物を探して子猫を育てちたのだろう
保護した一ヶ月待の頃もヤマセが吹き荒れた日が続いていて
その代わり雨は降らなかったので
風が当たらず、強い日差しも防げるうちの花壇に子猫を置いていたのだろう。

その日の夕方、猫好きの友人を拝み倒して引き取って貰えることになった。
ありがたい事に直ぐ2匹一緒の貰い手が決まり
もう一匹は友人の家で新しい家族になることになった。
どんなに嬉しかったことか。友人とその家族に感謝の気持ちで一杯♪

保護して数時間を風除室のペットキャリーの中で過ごして
我が家にいたのはその数時間だけだったが
手のひらサイズの子猫の感触を忘れることは無い。

お母ちゃん猫は保護した当日は数回、翌日は一度
子猫を探しに来ていて、子猫を呼ぶ声が切なく聞こえてくる、が、我慢。
後ろ足を少し引きずっている小柄な猫さんで
4匹丈夫に育てるのは難しいかもと自分に言い聞かせる。

最後に見た一匹はお母ちゃん猫と一緒に向かいの家の小屋で確認。
驚いたことに他にも数匹の子猫がいてどれもみな可愛いという。
小屋の持ち主は夏過ぎまではそのままにしておくつもりだそうで
自力で餌をとれるまでは居させて貰えそう。
それ以上のことは出来ないと判断した。

写真は保護した二日後に友人宅で写したもの♪
最初はウーシャーフーッ!! の繰り返しだったが慣れるのも早かったとか。
先住猫さんは二匹いて、大きな尻尾にじゃれついて遊んでいるそうな(^^♪
めでたしめでたし♪・・・ふぅ・・・^^
a0136293_16505448.jpg






by cyakke-muu | 2019-07-13 17:03 | 花 庭の四季