窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

実生から育てた お茶の木に初花♪

数年ぶりに、お茶の木の花がさいている♪
前に咲いてから、ずっと花をつけなかったのではなくて、
実生から育てた鉢植えを、いちど枯らしてしまって、再挑戦。
ありがたいことに、種をまいてから割合早くに花をつけてくれるので、
二度めの挑戦をすることにした。
初めて見た時から大好きになった可憐な花
a0136293_14355212.jpg



お茶の木の下に落ちていた種をもらい、鉢にまいたのが2009年12月1日のこと、
翌春には、まいた数だけ芽をだして、すくすく育ってくれた。
2010/7/14
a0136293_14425295.jpg


2010/7/29
a0136293_14431531.jpg



4号程の鉢に植えていて、ついそのままにしてしまった。
それでも何とか育って、そのかわり鉢にはヒビが入った(‥;)
困ったと思いつつ、ジーッとしていたら今年の9月にはツボミを発見♪
2011/9/29
a0136293_15131744.jpg



2011/9/27
a0136293_1552228.jpg




ツボミがついてから咲くまでの期間の長いこと(^^)
待って待って、待って、ようやくほころび始めたのが昨日。
2011/11/13
a0136293_1581287.jpg



なかなか、パッと開く花ではなくて、それがまた可愛らしい。
今日は隣の花も咲きだして、なんと嬉しいこと♪
2011/11/14
a0136293_1510242.jpg



072.gifお茶の木の花を実際に見たのはいつのことだったろう。
もうずいぶん前のことで・・・
雑誌や花のカタログでは見ていても、実際にこの津軽で見られるとは思わなかった。
ある時、夫の従兄弟の所で、5号程の鉢に植えられた小さな木に、
溢れるほどの花をつけている植物を発見^^

直ぐにお茶の木、お茶の花と分かったけれど、不思議でならない。
聞いてみると夫の叔母が長年大切に育ているという。
その時に聞いたのが、お茶の木も金木犀も、
ヤマセに当てると花をつけないということだった。

そう教えて貰って、金木犀もお茶の木も、
なんとなくだけれど育てられるのではと思うようになった。
同じ津軽の地でも、弘前では金木犀もお茶の木も庭植えで花をつけている。
地形の違いもあるだろうし、風の通る道筋の違いもあるかもしれない。
気軽に育て方のコツを教えてくれたことに感謝していて、だから、再挑戦♪

弘前でもある程度の大きさになるまでは鉢植えで育て、
冬は屋内で凍みらせないように越させるのが大事と教わった。
庭に古くからのお茶に木があるのは大文字草を育てている先生で、
奥さまから小さな実生苗を貰ったのが、
お茶の木を育て始めた最初だったように記憶している。

再挑戦の種も同じお茶の木の種で、
また咲かせることが出来たと、報告できることが嬉しい^^
by cyakke-muu | 2011-11-14 15:39 | 花 庭の四季