窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など

岩木山・初冠雪

昨日の、霰(あられ)か雹(ひょう)かと、疑問だったのは雹と判明。
今朝の新聞の記事に「つがる市に、降ひょう被害」とあった。
午前10時半から11時の間に降ひょうがあり、
刈り取り前の稲の籾や、ブロッコリーの葉やツボミ、
その他、チンゲンサイなどの葉物野菜に被害があったそうだ。

雨続きで刈り取りが遅れた田んぼでは
この降ひょうで籾が落とされ、30パーセントの減収の所もあるとか、
自然には本当に勝てない。
あんなに見事な黄金色の田んぼだったのに・・・

そして、今日の岩木山。
昨日の緑濃い山と打って変わって山肌が白くなっている。
昨年より24日早く、初冠雪を観測
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_13463449.jpg




庭で一番ひょうの影響を受けたのはギボウシのマルバタマノカンザシ。
柔らかい大きな葉が、ひょうに叩きつけられ、破られ、散々な状態になった。
といっても3株あるうちの一株。
つまり庭の中の無花果の木の下に植えてあった株がやられて、
建物の壁際に植えてあったのは皆無事だった。

昨日のブログにupした動画の中の、
スズメの水場の様子を見ると、あらためて霰ではなくて雹だったと確信できる。

今朝のマルバタマノカンザシ (10/3)
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_1461270.jpg


同じマルバタマノカンザシの被害前の状態 (9/5)
虫食いはあるがきれいな形を保っている。
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_1481730.jpg



その他はツユクサが折られる被害はあったが、
これから種を採りたいのはミャンハウスに置いてあるので無事。
また台所の窓の下に置いてあった鉢類も大丈夫。

その中の一つ、金木犀は、今日店の中に移動。
去年あたりから、金木犀の香りにも反応して頭痛をおこすようになったが、
この花木だけは手放せない(^^)v
こぼれんばかりに咲いている様子を誰かに見て貰えれば嬉しい。

咲き揃うのを待って移動させるつもりで、一番ひどい天気にあわせてしまった。
それでも花を落とすことなく、良い香りを漂わせている。
台所の窓の下に置いていて、ヤマセには当てないようにしていたが、
上手い具合に今回のひょうの被害も避けることが出来た。
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_14224996.jpg



もう一つ、台所の窓の下の台の上で咲いているのはクサボタン
去年よりも花色が薄いようだったが、
気温が下がると同時に色が載ってきたように感じる。
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_14245523.jpg



そして咲き始めた大文字草は地植えの名無しさん。
マルバタマノカンザシとさほど離れていない所に植えてあるが、
上手い具合にひょうの被害は免れたようだ。
岩木山・初冠雪と、降ひょう被害など_a0136293_14265545.jpg

by cyakke-muu | 2011-10-03 14:34 | 季節・自然