窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:震災関連 ( 23 ) タグの人気記事

スイセンプロジェクト 柳生真吾さんのこと

震災後に始まった「みんなのスイセンプロジェクト」
送ることが出来なかった小さな球根を植えた道路際の花壇で
少しずつ水仙の花が増え始めている
a0136293_17335472.jpg


普通に見られる小さなラッパスイセン、八重咲、小輪房咲きの水仙
オレンジや白の大きなカップ、小さなピンクのカップのスイセン
どれもみな水仙プロジェクトに送った球根と同じもの
被災地のどこかで同じスイセンが咲いていると思うと、気持ちもホッコりとする。

震災後、支援やボランティアなど、自分にできることが無いと感じていた時
柳生真吾さんがスイセンプロジェクトを立ち上げた
此処にいて出来ることは少ないけれど、
自分の力で何とか協力できるのが嬉しかった。

庭で咲いている黄色のスイセンの写真を添付してメールを送ると
その日のうちに返信が来た

>来年の春、被災地にこの黄色い花がたくさん咲いたらどんなに素敵だろうと夢見ています。
>実現させましょうね。 一緒にお願いいたします。

その柳生真吾さんが亡くなったという
趣味の園芸のキャスターで親しみを覚え、多肉植物大好きということで益々嬉しく
自然や動植物を大切にしていて、日本も海外も取材で飛び歩いていた筈なのに
初めて自分の椅子を作って貰っているという記事も楽しく読んでいて
それから・・・・・

いまはただご冥福を祈るばかりです。

柳生真吾さんへ、この春咲いた庭のスイセンたちを・・・

a0136293_17434267.jpg



a0136293_17512510.jpg



a0136293_17443365.jpg



a0136293_17453676.jpg



a0136293_17462882.jpg



鉢やプランターでは上手く咲かなかったティタティタも
庭に植えてから少しずつ花を見せてくれるようになりました。
a0136293_1748583.jpg

by cyakke-muu | 2015-05-08 17:54 | 花 庭の四季

「猫だらけ展」初日、ふーちょび屋のことなど

前回に続き、猫だらけ展のことなど(^^)
a0136293_18102415.gif


開催場所、日程などはこちらから♪

今日が初日の猫だらけ展。展示の様子の画像を拝借してきました♪
a0136293_18104521.jpg


昨年は会場へ行っているので、雰囲気や展示の様子は分かっていたつもりでも
この一枚を見た時に、ひぇ~っと・・・
こういう所に自分のこぎん刺しも展示される・・・びびりましたです。


この写真はmoomamaさんのブログに掲載されてあるもので、
HPトップにもリンクをはっていますが、
沢山の人たちに猫だらけ展のことを理解して頂けるように、
11月28日付けのブログを此処にリンクすることにしました。
moomamaさんのブログ

「猫だらけ展」のこと、「福島被災動物保護リスト集」全5冊のことなど
詳しく書かれてあります。


a0136293_16563030.gif



さて、猫といえば我が家のHuu&チョビ
このごろ出番がなく、ツーニャン揃って、ふて寝しております(^^)


猫ベッドの下は、ホットカーペットを敷いてあるのでホカホカ♪
猫団子は無理だけど、ピッタリくっついて寝ていまふ^^
気がついていないのねHuuちゃん。
a0136293_16432822.jpg



チョビもまたグースカ寝ていて・・・・
a0136293_16443379.jpg



おーっと!! Huuちゃん、お目覚め、なんか照れくさそうに毛づくろい^^
a0136293_16503079.jpg



ベッドの下から上へ移動。 
「ふ~~~びっくりしたにょよ~~♪」
a0136293_16521941.jpg



また眠くなってきまちた・・・
a0136293_1652051.jpg



ぐ~ぐ~ぐ~~~~^^
a0136293_165524.jpg



ところで猫だらけ展に作品を出品するにあたって、
名前をどうしようと・・・いろいろ考えてHP名そのままで良いのかなと思ったけど、
なんかね、今までの猫の名前を思い出すとどこかしらに名前を残していて、
たとえばミャンハウスのミャンは此処に来て初めてのニャンコだったし、
Beeは猫の貯金箱の名前になってて、Bee貯金
MeeはPCの中のあちこちに名前が付いていて・・・
それではということで、Huu&チョビの名前をつけることにしちゃった♪
「ふーちょび屋」これで、ずーっと、がんばりますです^^
a0136293_17224989.jpg

by cyakke-muu | 2012-11-29 17:28 | 猫 日常

コラレット咲きのダリアと、スイセンの球根のことなど

あなたは、だぁれ・・・って、雀ちゃんでしょ、しかもピンボケじゃん・・・
ちゃうちゃう、雀ちゃんの横で咲いている、ア・ナ・タ・・・
a0136293_1857545.jpg



種から育てたダリアが咲いた。コラレット咲きのダリア♪
この花形というか咲き方が気にっていて、しかも種から育てる楽しみがある。
前にも育てていて、しばらくお休み、今回は数年ぶりに種を播いた。

苗が育って大きめのを3本ずつプランターに植え、残りはポットで育てて、
そのプランターで咲いたのがこの花♪
種から育てるのでどんな花色か分からない。
茎の色を見て濃いのや薄いの、なんとなくこれかなという感じで植えつけた^^
きれいな濃い色と淡いクリーム色のダリア。
これからどんな花が咲くのか楽しみ~(^^)
a0136293_19102656.jpg




a0136293_19104313.jpg



雀の水場のコンテナスイートピーの向うに見えるのが地植えにしたダリア。
つい先日まで黒のビニールポットで窮屈そうにしていたの植えて、
これで夏花壇の出来上がり♪
a0136293_1912487.jpg




ようやく花が咲き始めて、これからどんな花を見せてくれるのか、楽しみ~♪
a0136293_1916235.jpg





ところで、この花壇のダリアの前の住人がスイセンだった。
球根を堀り上げてただいま乾燥中。
9月になったら昨年と同じように選別し、送ることになる。

庭の数ヶ所に、昨年送ることのできなかった球根を植えつけ、
春になって咲いたのも咲かなかったのも、いい感じで育っていたのは嬉しいことだった♪
そして気になるこのコンクリートブロックは・・・^^
a0136293_19292692.jpg


じつはこの右端の穴の中で球根が育ち、春には3~4本の花が咲いた。
こんな所でも咲くのかという驚きはあったけれど、
それ以上のことは考えもしなかった。
ところが「私を忘れないで~~ ^^」という声が・・・なんちって(^^)
この小さなブロックの穴の中で、どんな球根が育っているのか、
今は乾燥させて、うまく球根が抜けてくれるかどうか分からないけど、
ともかくガンバッテマス♪


みんなのスイセンプロジェクトはこちらからどうぞ♪

5月1日の水仙 こんな感じで咲いていました♪
a0136293_19413421.jpg

by cyakke-muu | 2012-07-10 19:48 | 花 庭の四季

庭の水仙と、スイセンプロジェクトのことなど

何もかも一気に咲きだした庭で、今一番賑やかなのが水仙かも~(^^)
ラッパ水仙から始まって、今はピンクのカップ、八重咲き、口紅水仙、
このあとは小輪房咲きの日本水仙や黄水仙が咲き・・・
と言いつつ、庭の様子はというと、あっちにチラホラ、こっちに少々^^
植えっぱなしで数年、球根は増えているが小さくて花が少なくなっている。

葉が枯れるのを待たないで、既に植え替えしたものもある。
さすがに球根は小さくて、植え広げたり花友達に上げたり。
まだまだ堀りあげないといけない球根がドッサリあって、さてどうしよう^^

少ない中からかき集めて、こんだけ~~・・・ でも意外と賑やか(^^)
a0136293_17164028.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

スイセンプロジェクト

昨年、この庭から水仙プロジェクトに送った球根はどうなっているのか・・・
それは道路際のこの水仙を観ればよく分かる。
台所用の小さな計りのメモリとにらめっこして、迷いつつも送らなかった球根。
その殆どに花がついていて、これから咲く小輪房咲きのもけっこうある。
うん、やっぱりこれで良かったのだ、と、納得。
送った球根もきっと被災地の何処かで咲いていると確信している♪

ラッパスイセンが一番多くて、それから黄色や白、ピンクや小輪房咲き
最初のうちは全部花別に選り分けていて、それから球根の大きさで分けて、
選別を繰り返しているうちに、ミニ水仙以外はゴチャゴチャに混ざって・・・
「混ぜてしまって、ごめんなさい」のメモを入れて送ったのも懐かしい(^^)
a0136293_17183186.jpg




球根シェア「5fo5
送られてきたミニ水仙ティタティタは、咲き始めの草丈は短くて可愛いこと!
咲くに従って丈も伸び、驚くほど沢山の花を咲かせてくれた♪

球根シェア、ミニ水仙ティタティタ4/19~26~30
a0136293_19171090.jpg


a0136293_19203860.jpg


a0136293_17235795.jpg


今現在のスイセンプロジェクトを覗いてみると、次々に開花報告が寄せられていて、
写真を見れば花がいっぱいに咲いている所も少ない所も様々。
厳しい環境の中で、よくぞ咲いてくれたと思う所もあって本当に嬉しい。
場所によっては植え穴を掘る作業が大変だった所もあったようで、
球根を送った人、送られて来た球根を更に選別してくれた人、
被災地で植えてくれた沢山の人達・・・・・

今年は花が少なくても、土地に馴染んで来年再来年と花が増えていく筈♪
植えてくれた沢山の人がいて、咲いた花を見ている人がいて
どこかで咲いている庭の水仙が、きっとある(^^)
by cyakke-muu | 2012-05-03 19:28 | 花 庭の四季

草花用土のブレンド、腐葉土のことなど(追記あり)

用土のブレンド、今日は一般草花用の基本的なもの(^^)
赤玉小粒3:腐葉土2
いつもの大きなたらいを箱の上に載せ、その上に特製のふるいを置く。
14ℓ入りの普通の赤玉小粒をたらいにザーッと開け、
その上に一袋目の腐葉土をふるいにかけ、落としていく。

袋に詰まって押されていた腐葉土がバラバラ・ドサッとふるいに落ちる。
一袋を2回に分けてふるいにかけ、終わったら赤玉小粒を一袋ドサーッと、
それから二袋めの腐葉土をふるいにあけて・・・
赤玉小粒・腐葉土・赤玉小粒・腐葉土・赤玉小粒
全部揃ったら小さめのスコップで攪拌
大きなたらいの回りをグルグル歩きながら、たらいの底から土を持ち上げて
赤玉小粒と腐葉土を混ぜていく。

この花の用土を十年近く店に並べて売っていた。
一般草花用の中粒と小粒、山野草用、洋ラン用と数種類の用土。
自分でブレンドした用土を買って貰えるのは嬉しいことで、
面白かったのは回り中が農家なので、到底売れないだろうと思っていた
一般草花用の用土が一番売れたこと。

ある時、たしかヤマセがきつい頃だったと思うけど、
冷たい風がビュンビュン吹いていて、土や腐葉土が飛んで顔もすすけて(^^)
そういう時に通り掛かった近所のバアチャンが、様子をみながら一言
「いやいや~、仕事はゆるくねぇなぁ・・」という感じだったか、
「仕事は、ゆるくねぇ」と言って貰えたのが嬉しくて、
ちょっとだけ認めて貰えたような、これって私の宝物の言葉かも。

関節の痛みが出てからしばらく休んでいて、
その間に店で販売する土はブレンド済みのを仕入れるようになったけれど、
自分で使う用土だけは、ふるいを使いスコップを持って、出来るようになった。


ふるいは夫が趣味の大工仕事で作ってくれたもの♪
もう十年以上使っていて網の張り替えも無し、丈夫なんだわ~~^^
腐葉土には当たり外れがあって、大当たりの時は
少しほぐして、ゆさゆさ前後に揺するだけで下に落ちてくれる。
外れの時はなかなかほぐれず、湿っていて
しかも腐葉土になってないじゃんと言いたいくらい葉の形が残ってる時。
今日のは中間というところ。

ほぐして揺すって、落ちない分は軍手をはめた手でゴシゴシ、
合間にヘラでガシガシ、それでも残った葉は庭の土に漉き込む♪
このヘラも台所からのお下がりで十年選手よ~^^
a0136293_18102185.jpg



花の用土の基本。赤玉小粒3:腐葉土2
腐葉土はふるいにかけて
大きな葉や混じっている枝を取り除き、空気を抱かせる。
腐葉土にも当たり外れがあって、今回は・・・^^



ところで腐葉土。
昨年春から夏にかけて仕入れたものを卸屋さんが回収に来たことがあった。
市販されている腐葉土から放射性物質が検出されて騒ぎになった時のことである。
回収の知らせが来た時には既に草花用土を作っていて、
半分以上は庭やプランターに使用。
結局は返品することも無く全てを自分で使い切った。

それが庭のどの部分か、何の鉢やプランターに使ったなど覚えていない。
もしかしたら花だけでなくミニトマトのプランターにも使っていたかもしれない。
そうだとしても気にしない事にしている。
花が咲いたと喜んで、ミニトマトが美味しいと楽しんで、それでいい。

やはり書いておきたいこと。
福島の原発事故は福島だけのことではない。
青森県にだって幾つかの原発施設があって、ずいぶん前の事だけど、
住んでいる近くが原発施設の候補に上がったこともある。
もしかしたら自分の住む町が30キロ圏内になっていたかもしれない。
そういう事を考えたり思ったりすることは大事なのではないか。
このごろの新聞記事に被災地の瓦礫処理に反対する声が掲載されていて、
すこし寂しさをおぼえることがある。



ちょこっと、きれいなお花でも~~^^
少しずつ背が高くなってきたかも、という感じのミニ水仙ティタティタ
a0136293_18162790.jpg



お隣の庭のコブシと土佐ミズキ^^
a0136293_18271794.jpg

by cyakke-muu | 2012-04-25 18:31 | 花 庭の四季

にゃんこはうす 写真展のお知らせ

にゃんこはうす写真展

『救いたい命、待っている命。』

~福島原発20キロ圏内。命を諦めないレスキュー班の記憶と記録~

a0136293_13472958.jpg



日時:2012年3月28日(水)~4月1日(日)

時間:

3月28日(水) 12:00-19:00

3月29日(木) 12:00-19:00

3月30日(金) 12:00-19:00

3月31日(土) 12:00-19:00

4月01日(日) 12:00-17:00

場所:銀座 零∞(ゼロハチ)
住所 中央区銀座2-2-18 西欧ビル8F

交通
東京メトロ 銀座一丁目駅 『4番出口』 徒歩30秒
R有楽町駅 『京橋口』 徒歩5分
東京メトロ 銀座駅 『C9出口』 徒歩5分


新たなオリジナルグッズの販売、
平日の昼間はいくつかのプチイベントも開催も予定しています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨年秋の、「十猫十色チャリティ猫だらけ展」と、同じ場所での開催。
多くの人達が、残された動物、待ち続ける動物たちのために動いています。
by cyakke-muu | 2012-03-11 13:49 | 東日本大震災

猫部屋のHuu&チョビと、 もう一度伝えたいこと

ちょっとだけ春らしい天気になって猫部屋もポカポカ♪
お日様が眩しいけど、暖かいのが嬉しい。
スズメがいる外を見続けているHuu
a0136293_1631070.jpg



ニャニャ!・・・気配が・・・そこにいるのは・・・
a0136293_16324031.jpg




お日様に釣られてチョビも猫部屋へ~^^
a0136293_1634929.jpg



毛づくろいをしながら時間が止まったようにベロが出るHuu・・・ぷぷぷ~♪
a0136293_16372319.jpg



まぁ~ あたちとしたことが~~ はじかし~
a0136293_16385352.jpg



時々ね、こういう感じで、気の強いHuuがチョビにフーッシャーッと・・・(^^)
a0136293_1642154.jpg



ちょこっと神経質なHuu、このところお腹の舐めハゲが広がってる・・・
a0136293_16434689.jpg



072.gif朝の時間、いつものようにテレビをつけっぱなしにして洗い物をしていると、
「震災から一年になろうとしている今、何冊かの写真集が出版されて・・・」と、
そんなアナウンサーの声が聞こえて瞬間的に振り向いた。

被災地で動物の写真を撮り続けている太田康介さんの写真集「のこされた動物たち」に続いて、
「待ちつづける動物たち」の写真集が3月2日に発売されると聞いていた。
もしかしてその紹介もあるのだろうかと、それでテレビに向き直った。

その番組では保護動物や保護活動の紹介は無くて、
それでも様々な写真集、被災地の様子や人々が紹介されていることを知った。
震災直後から津波に流された写真を探す人がいて、それから写真を写す人がいて、
個人の思い出も、不特定多数の人に今を伝えるにも、写真は大切な役割をしている。
写真を撮り続けることも、それを発表することも、大変なことだろう。

真実を伝えるために動きつづけている人達がいる。
保護活動を続け、残された動物のためのシェルターを作った人達がいる。
引き離された動物と人をもう一度再会させたいと、動いている人達がいる。

にゃんこはうす 
ねこさま王国
うちのとらまる
新装開店 お庭にようこそ
被災保護ペット検索
by cyakke-muu | 2012-03-02 18:08 | 猫 日常

東京日帰り 猫だらけ展 新幹線からの風景、氷川神社など

11月18日 「十猫十色チャリティ猫だらけ展」に向けて出発

新幹線の始発「はやぶさ4号」は青森からam6:10の出発。
家を出たのは早朝4:30♪ 南の空に大きなオリオン座が輝いている。
「しし座流星群が見える筈だけど、この月じゃなぁ・・」と、夫が苦笑。
月がそういえばポワンと浮かんでいて辺りを照らしている。
意外にも寒さを感じない。予報では朝6時の気温がプラスの1度となっていたけど・・

新青森駅に着く手前の山道が凍っているようで、さすがに山は違うと思ったが、
夫によると帰り道の方が路面の凍結が進んで、気温も下がったようだという。
新幹線の車中から見る景色も仙台を過ぎる頃まで、霜で覆われていた。
この日、青森では初氷(^^)

新幹線はやぶさの走行中に盛岡の手前で写した岩手山。
何度か目の前に迫るようなきれいな岩手山も見えたが、あっという間にトンネル♪
幾つも幾つもトンネルがあって、写す暇がない^^
a0136293_14254386.jpg



仙台の少し手前の茅葺き屋根の民家
以前、見つけていて、その時には写す事ができなかった。
場所もはっきりとはしなくて、
とりあえず、トンネルを出る毎にカメラのスイッチを入れ、構えていた。
まるで箱庭のような可愛らしい民家。
朝日を受けた家と回りを囲む木々がきれいで、ふと仙台の「いぐね」を思い出す。
a0136293_14304425.jpg



いくつか特徴のある山を見ることができたが、何と言う山か全然分からない。
福島県を通過中の筈で、もしかしたら磐梯山か?とも思ったが確認できず。
仙台を過ぎて福島が近づくに連れて、里山の紅葉などきれいな景色が広がる。
山々にも里にも柿の木がたわわに実をつけていて、紅葉の山にさらに彩りを添えていた。
この景色だけを見るときれいなのだけど、
ずっとネットの中でも取り上げられていたもぎ取ることのない柿
収穫できないことが作り上げた風景だと思うと、すごい重さを感じる。

福島から東京にかけて送電線の数が段々と増えて行って
こんなにも多かったかしらと、
昔々の映画、ゴジラが送電線をなぎ倒しながら東京へ向う場面を思い出した。
いまは送電線が下にある家々を飲み込んでいるように思えて、不思議・・・

福島県に入ってから見えた山の景色
a0136293_15211956.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


大宮に着いたのは9時頃。
今回のもう一つの大きな目的は、学生時代からの友人に会うこと♪
およそ25年ぶり・・・くらい・・だったかな、
こっちに来てから2回ばかり家を訪ねたことがあるが、まぁ、なんと久しぶりのことか。
昼前までの短い時間に、歩いて歩いて歩いて、喋って喋って喋って・・・
え~? 何処で・・・って・・・ニャハハハ~(^^)

初めての氷川神社。こんなに大きな神社で、広い境内と公園があるとは、ビックリ♪
写真は、ほんのちょこっと^^
広い広い境内、これが羨ましいくらい広くて、こっちには無いのだわ~~
a0136293_15285072.jpg



神社らしい朱色の鳥居や門などがある中で、ドッシリと風格のある建物。
ここでは薪能が行われると聞いて又々びっくり
a0136293_15303497.jpg



きれいでしょう♪ 大きいでしょう♪ 今度はもっとゆっくり見よう♪
a0136293_153136100.jpg



広い広い公園には立派な木が沢山、
大きな赤松や桜、ずーっと土の上を歩けるのが嬉しい。
a0136293_15335489.jpg



公園だったか境内だったか、どっちか忘れたけれど、サザンカがきれいだった。
花言葉は「困難に打ち勝つ」「ひたむきさ」
a0136293_1535476.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

老猫会のメンバーとの待ち合わせ場所は浜松町の貿易センタービル展望台
ところが・・・私もうっかり者で、入場料の事が頭に無かった(^^ゞ
大好きな場所で、勤めていた頃は土曜日の午後によく訪れていた。
ビル群や東京湾、汐留、銀座、東京の景色と、日暮れの様子、
街の明かりがついて夜景になるまで飽きもせずに観ていたっけ。

ということで待ち合わせの場所に選んだのだけど、
こっちの我が儘で入場料を取られる所にしたのはまずかった。
早めに着いたおかげで展望台を3週ばかりして写真をパチパチ。
待ち合わせの時間前に下におりて、3人の猫仲間と合流♪

30年前とガラリと風景の変わった汐留方向。
ビルの間の遥か向こうには、初めて目にする東京スカイツリー♪
a0136293_15454887.jpg


ギリギリまでアップに・・・
a0136293_1546766.jpg



新しいビルがボンボン建っている筈だけれど、
東京タワーや増上寺が見えるというだけで、懐かしさを感じる風景。
a0136293_15523181.jpg



上から観た風景で一番変化を感じたのは此処。
浜離宮は何も変わっていなくて、だけどその向こうに見える風景は初めてのものばかり。
ふと来る途中で見た沢山の送電線を思い出した。
電気が作り上げたもの、電気がなければできなかった物が一杯あるんだろうな・・・
a0136293_15554718.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

モタモタして迷惑をかけないように左手に小銭入れを握りしめ、
切符を買うのは・・・これは弘前と同じ^^
新橋で降りて、新橋・銀座八丁目・有楽町と、懐かしい場所を歩き続ける。
勤めていた頃、前を歩いても、とうとう中の店に入ることは無かった場所^^
銀座4丁目、和光の時計台。
a0136293_1682785.jpg





ということで、猫だらけ展へ突入・・・♪
11月20日 最終日 2日め、3日めと荒れた天気の中、
沢山のお客様がいらしてくれたと聞いた。
東京日帰りは贅沢な時間だったけれど、実際に見なければ分からなかったことがある。
たった一日の中で、観て、聞いて、猫仲間とあって、泣いて笑って、
大切な時間を過ごせたと実感。みなさんに感謝です。
by cyakke-muu | 2011-11-21 16:19 | 走れば楽し

東京日帰り 十猫十色チャリティ猫だらけ展 (追記あり) 

行ってきました♪ 東京日帰り、猫だらけ展 v(=^・^=)v

朝一番で出かけてから帰るまでの、途中のナンタラカンタラは後日報告するとして、
とりあえずは「十猫十色 チャリティ 猫だらけ展」でございます。

白滝掲示板でお馴染みの、
ばあばさん、3月うさぎさん、みっひーさんに出迎えて頂いて、なんと幸せなこと♪
わいわいキャイキャイ言いながら会場に入って、
moomamaさんと会った瞬間に
ホロホロと泣けてしまったのは恥ずかしいけれど、マァ、いろいろと・・・ねぇ。

ということで取り急ぎの報告など(^^)



これは・・・なんでしか・・・?
a0136293_1763843.jpg



ドールハウス、ビーズetc など色々作っているタイピィさん制作のデコスィーツ
ブログで制作途中のニャンコたちを紹介していて、特にこの子と目が合ってしまった♪
どーこに目があんのよ・・・って、ニャハ~~ つぶらな瞳が見えるのでございます。

いつかはオッドアイの白い猫を飼ってみたいと、ず~~っと思ってて
だから一目で、「この子が欲しい!」
実はとっても小さいのです。どのくらいって、バラの花が1㎝に満たないくらい♪
幸せそうな白い子はこんな箱に入って津軽へやって来ました^^
a0136293_17213077.jpg




ということで今回ゲットしたものを並べてみました(^^)v
デコスィーツのニャンコちゃんたちを初めて見たとき、
虹の橋に集まった子たちはこんなふうに楽しそうにしているのかなと、
だから一つ一つが、とっても愛しく思えて
この中の幾つかは、こっちの猫友やHuuのお母ちゃん猫の所へ行く予定♪

a0136293_14102461.jpg




会場では名物となっている肉球白玉の入ったお汁粉が~~~
一目見たかった白玉の肉球♪ つまんで写させてくれたのは、みっひーさんでした^^
a0136293_1758585.jpg




肉球白玉入りのお汁粉も、恒例の豆地蔵も、今回は被災地支援となります。
「にゃんこはうす」と、「のこされた動物たちの写真展基金」に、手ぬぐい二本もゲット♪
福島の被災猫たちのために・・・一体ずつ手作りの豆地蔵さん
a0136293_1804436.jpg




精密なフェルトの猫ちゃん、数々の陶芸作品、ガラス工芸、樹脂アクセサリー等々
そして本物を見たかった友禅染の小紅さんの作品♪
「もっと北の国から」というタイトルだったかしら、この可愛いこと♪
マトリョーシカにも興味があって、手の届かない作品でも、見るだけならと・・・♪
a0136293_18372266.jpg



そしてこの額の中から抜け出してきたような子を発見。
3体しかなくて、迷う暇も無く、その中の一つを握りしめていたのでありました^^
a0136293_18393021.jpg



そしてもう一つ、一番最初に目に入って来たのはこの作品。
「うつくしま十猫十色」
a0136293_18435272.jpg

a0136293_1192519.jpg



会場では南相馬市で踏ん張っている「わかにゃん」さんたちの
保護動物のリスト集を拝見。そして「のこされた動物たち」の写真も・・・

今、自分に出来ることはなにか・・・
どう頑張っても何もできないかもしれないけれど、想うこと、知ること、考えること、
実際に行動を起こしている人がいて、もしもほんの少しでも手伝えることがあれば、
思い切って動くこと。

だから、東京日帰り猫だらけ展^^

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

11月20日 十猫十色 チャリティ 猫だらけ展 最終日

初日は穏やかな天気だったけれど二日めはかなり強い雨、
それにもかかわらず沢山の人達が訪れてくれたとのこと、嬉しい限りです。
いつも津軽の空の下から応援していたけれど、
実際に行くことができて、猫仲間にも会えて、こんなに嬉しいことは無い。

本当に今年はいろんなことがあり過ぎた。
大きな震災、原発事故、そして古い友人の死、
今までにもそうだったけれど、なにをするにも一回一回が勝負。
一つの出会いを大切にして、機会があるなら逃さずに会いにいきたい。

いま少し落ち着いて、デコスィーツなどの手元に残す子たちを並べてみた♪
しばらくはこのままでPCの前において、それから猫部屋へお引っ越し^^
この中にはミャンがいて、オトッツァン猫がいて、
MeeもBeeも楽しそうにしていて、それだけでホッとした気持ちになれる(^^)

a0136293_11283694.jpg

by cyakke-muu | 2011-11-19 19:07 | 猫 工夫いろいろ

スイセンの球根の選別&球根をあげるということ

山草棚の下で乾燥させていたスイセンの球根の選別に入った♪
数はあるけれど小さい球根が目立つ。でもまぁ、なんとかなるだろう。
乾燥した土を払って、軍手でキュッキュッ♪
一つ一つに気持ちを込めて、発送の日を待ちましょ(^^)v

春を教えてくれる庭のスイセン 4月30日
a0136293_14104237.jpg



7月に入って葉が枯れ始め、様子をみながら順次堀り上げ。
乾燥場所は山草棚の下。
春に山草棚を作り直した時、球根の乾燥用に棚下のこしらえを工夫して貰った。
前からチューリップやクロッカスの乾燥場所にはなっていたが、
かごが並べやすく風の通りも良い。
7月7日の状態
a0136293_14153799.jpg



ネットでも球根の大きさや重さが話題になっているが、さてうちのは・・・?
手入れをしていない裏庭など、小球の集まり(^^;
とりあえず土と外側の皮と根っこを取り除き、大中小と分けていく♪
a0136293_1420442.jpg



発送の時期まで、保管しておくのはミャンハウスの中に決めた。
いつもはきれいに調整することもなく山草棚の下に置きっぱなしだったが、
今回はちょっと事情が違う^^
右の棚が球根の置き場所で、左下に見えているのは小輪系の球根
チラリと見えている青い物体は・・・休眠中のコノフィツムなど♪
a0136293_14241545.jpg



大、中、小&極小の各球根。一番多い花が左下♪
白いのは大きさを比較できればと思って置いたフィルムケース。
一日にできる作業時間が少なく、全部の球根を選別するにはまだ2・3日かかりそう。
被災地にスイセンの花が咲く日を想像しながら、ゆっくりと作業を進めよう。
a0136293_1433493.jpg




スイセンの球根をあげるということ。

思うままに花壇に花を植え、手入れが出来ていた頃。
草花と一緒に、増え過ぎたスイセンの球根を近くの小学校にあげたことがある。
用務員のおじさんが近所に住んでいたこともあって、気軽に声をかけることができた。

花の好きな人で、喜んで貰ってくれたのだが、なにせ半端な数ではない。
猫車(手押しの一輪車)に何杯もの球根を運ぶうちに
用務員のおじさんがニコニコしながら一言・・・
「いや~、もう沢山だよ。煮て食うほどあるもんなぁ」
一緒に大笑いして、そうして、残った球根を裏庭に植えることにした。

裏庭に一列に溝を堀り、残った球根を植えながら、ハッとした。
あれだけ沢山の球根をおじさん一人で花壇に植えたのだろうか。
もしもそうだとしたら、どれだけ大変な思いをさせたことだろう。

翌年の春、学校の花壇や道路際などに沢山のスイセンが列をなして咲いていて、
それはとてもきれいな景色を作っていたが、
やはり用務員のおじさんが一人で植えたらしいことを後で知って、
申し訳ない気持ちになったことをいまだに思い出すことがある。


今回のスイセンプロジェクトは、一方的にあげるのでなく、
植えることも含めてきちんとした計画や、
参加協力してくれる団体・個人が沢山いるのが素晴らしい。

柳生真吾さんの
「一緒にがんばりましょう」「ここに植えてと要請があれば喜んで行きます」など、
頼もしい言葉が人の気持ちを動かしているのかもしれない。
被災地の瓦礫の中を歩いて歩いて、そうして出会ったスイセンの黄色い花に、
どれだけ力強さを感じたのか、想像すると胸が熱くなる。
私は植えに行くことはできないけれど、一つ一つの球根に気持ちを込めて送ります♪

スイセンプロジェクト

十数年前に裏庭に植えたスイセンがこれ(^^ゞ
花が少なくて、球根は小さいものが多かった。恥ずかし~~♪
送る球根の大きさ(重さ)は一個が20グラム以上が目標♪
a0136293_1565626.jpg

by cyakke-muu | 2011-07-24 15:28 | 花 庭の四季