窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

青い十和田湖と、実りの秋の田んぼ

何かのついでに、ではなくて、丸々一日、遊んで来ちゃった(^^)v
津軽平野は稲刈り真っ最中。どこもかしこも見事な色で眩しいくらい。
岩木山と刈り取り直前の田んぼ
a0136293_1613556.jpg





県境を越えて日景温泉、その後、昼食をとるために大館に向ったが、
行く途中の田んぼの景色はどこも見事だった♪
a0136293_16231545.jpg




国道103号を走ると何度か米代川を観ることができた。
流れる川も、自然が残っていそうな河原もきれいで気持ちがいい。
a0136293_16274611.jpg



のんびり走るドライブの目的の一つは十和田湖
空の色の加減か、雲の影があるのか、ちょっと不思議な感じの色に見える。
発荷峠展望台からの眺め
a0136293_16315991.jpg




もうずいぶん長いこと休屋や宇樽部などの賑やかな方へは行ったことが無い
乙女の像を最後に見たのはいつだったか・・・
静かな道を滝の沢方面へ走ると夏の名残の緑のトンネルが続く♪
a0136293_1636172.jpg




走りながら湖の方向を見ると、ドキッとするくらいきれいな青色が観えて
走行中の車を適当なところで止めて貰う。
車からチラリと観えた青い湖
a0136293_16383269.jpg




大きな木の側を通り抜け湖に進んでいくと
a0136293_16412289.jpg



うんと小さいけれど、早い流れの小川があって♪
a0136293_16421090.jpg



その直ぐ向うに青い十和田湖があった♪
a0136293_1643109.jpg



a0136293_16451797.jpg



a0136293_16455992.jpg



a0136293_16465035.jpg




まるで海を見ているようなブルーの十和田湖
打ち寄せる波が砕けると、直ぐに今来た方へ戻されるような、面白い風が吹いていた。



きれいなブルーをいつまでも見ていたいけれど、とりあえず引き返す。
さっき通り過ぎた大木、はて何の木だろう、ずいぶんと立派な木だった♪
a0136293_16502556.jpg



a0136293_16505274.jpg



名残惜しくてチラリとふり返る^^
a0136293_16513947.jpg



あとは真っ直ぐに家に向って走るだけ・・・なんだけど、せっかくなので・・・
浅瀬石ダムのある虹ノ湖で休憩。
広い公園を歩いていくと植栽されたナナカマドは色づき始めている。
a0136293_1656269.jpg



雨不足で大変だったダムも少しだけ落ち着いているように見える・・かも・・
a0136293_1701414.jpg



広い芝生を歩いていると、つがいらしいハクセキレイがいて、楽し~~
a0136293_171889.jpg



こういう遊び場もあって、お休みの日には家族連れで賑わうのがうなずける♪
a0136293_172246.jpg



黒石~田舎館の田んぼ
刈り取りが進んでいて、しかも棒掛けの自然乾燥が多い、
県南の米は美味しいと評判なのがよく分かる風景^^
a0136293_1741296.jpg



今度は、本当に真っ直ぐに家に向う♪
朝からの良い天気が夕方まで続いてラッキーなことでした、ちゃんちゃん^^
a0136293_1763284.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-29 17:13 | 走れば楽し

ミニシクラメンの夏越しと植え替え(親株と実生3年の球根)

夏を越した実生のミニシクラメンの今日の状態♪
9/23日 可愛い芽が伸び始めていて、もう大丈夫かも~
a0136293_17371616.jpg



水を切って夏越しさせようか、それとも葉があるうちは水やりを続けようか、
いつも迷うことの多いミニシクラメン。
昨年の暑さの中でも、実生の子たちは元気に葉をつけていたが、
今年の猛暑には勝てなかったようで、段々と黄色くなっていく。
親株も8月初めの暑さで一気に黄色になり、全部の水を切り、ミャンハウスで夏越し。

8/3日 左の大きな鉢が親株で右は実生3年の鉢
a0136293_1983082.jpg





8/19日 殆どの葉が枯れ葉色になって球根が目立っている^^
手前の緑は、葉挿しして可愛い芽が出てきたセントポーリア♪
a0136293_19172773.jpg




9月に入っても残暑が厳しく、津軽には珍しい猛暑が続くが
いつも旧盆が終わる8月20日頃には秋の植え替えをしている。
少々暑くても植え替え決行。
9/6日 植え替え前の親株
a0136293_19204561.jpg



まだ水分の残っている根もあったが短く切り詰め、切り口に木灰をつける。
a0136293_19221660.jpg



9/6日 実生3年の球根(大きめのもの)
a0136293_19231161.jpg



根は少ないように感じるが、まぁ大丈夫かと・・・こっちにも木灰^^
a0136293_19245638.jpg



一つ二つの球根は柔らかくなっていて、一つは処分
9/6日 並べてみると大きさがバラバラでおもしろい♪
a0136293_19281739.jpg




9/23日 親株も実生の子たちも全部芽が出てきていて、
あの厳しかった残暑もウソのように涼しくなり、
ミャンハウスから玄関前の置き場に移動
a0136293_19305297.jpg



此処にはずっとウチョウランを置いていて、そっちは大文字草の置き場へ移動。
朝日と午前中の日が当たり、屋根(鉢置き)があるので少々の雨が降っても大丈夫。
ここで11月半ばくらいまで過ごすことになる。
a0136293_19342773.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-23 19:40 | 花 庭の四季

オジギソウ、ジュズサンゴ、メガネツユクサなど、イロイロ♪

オジギソウ♪
朝、小さな花火がポッと・・・そんな感じで咲いていて、
午後には柔らかくしぼんでいる。
花が多く咲く種類という種をいただき、ホントにツボミが沢山。
毎朝、ポッと咲く花を楽しんでいる(^^)
a0136293_15412048.jpg




小さな小さなジュズサンゴの花。
冬は室内で過ごさせると、年間を通して花も実も楽しめるらしい。
春に種をまいて、今は草丈10㎝ほど。
変わり実だとか、ますます楽しみ~~~♪
a0136293_15443971.jpg



実生のハブランサス
いつの間にできるのか、気がつくとニュッとツボミが伸びていて、
翌日には花を咲かせ、その次の日にはもう萎んでいる。
初夏から何回か花を見せてくれていて、嬉しいこと♪
a0136293_1549283.jpg




小さなヘメロカリス、ステラデオロ
側に見えているもっと小さな花はゲンノショウコ♪
ナンダカンダの混植花壇で、がんばって咲いてくれた^^
a0136293_15513087.jpg



クレマチス、プリンセス・ダイアナ
この元気印は天晴れで、今年480円くらいの値段で購入したとは思えない。
あの小さな苗が次々に花を咲かせて、種と同時に次の蕾もつけてる♪
a0136293_15543756.jpg




a0136293_1555244.jpg




モシャモシャモシャッと咲いているセンニンソウと、向うにはハマナスの花
a0136293_15564427.jpg




やっぱりピンクの花で、これも何かの縁と思い、ここにいて貰おう^^
シジミ蝶も遊びに来ることだし~♪
a0136293_15585578.jpg




お客様といえば、あまり有り難くないこともあって・・・
ツユクサの左上に見える小さな虫
a0136293_1643399.jpg




次々にツボミが膨らむのに一向に開花しない西洋石竹・・・なぜに・・・
答えはこれーーーまぁ、なんというか、お邪魔虫の正体はクロウリハムシらしい
a0136293_1665152.jpg




こっちは毎日賑やかに咲いている、メガネツユクサ♪
a0136293_1674676.jpg



夏の空のような、この小さな花が、大好き^^
a0136293_1684644.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-18 16:16 | 花 庭の四季

小スズメと、おばちゃんスズメ♪

今日の小ズメちゃん♪
餌台の側にメガネツユクサの鉢なんぞを持ちだして夏らしい・・・って、
ホントはね、そろそろ涼しくなってほしいわ~(^^)
a0136293_16303476.jpg




と、そこへ来たのはスズメのおばちゃん・・・
a0136293_16331041.jpg





小スズメと顔があった瞬間、これだもの~~
a0136293_16335741.jpg




a0136293_16341353.jpg




でもね、小スズメ相手にケンカしてまで餌台へ行ったのは、自分も子育て中だから^^
a0136293_16363617.jpg




a0136293_16365672.jpg




a0136293_16371123.jpg






おっかないオバチャンは、もう来ないでしか・・・ホッ(^^)v
a0136293_16381673.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-15 16:42 | 雀の餌台 野鳥

十三湖、陸奥湾、つがる市の茅葺き民家など

ちょっと遅くなったけど実家のある十三湖へ♪
お墓参り&青森へのドライブは毎年恒例になっていて、
日本海、十三湖、陸奥湾、それとあちこちの田んぼの風景を観る楽しみがある。
そろそろ稲刈りが始まりそうな、良い色の田んぼと、遠くに岩木山。
a0136293_19543779.jpg




十三湖大橋からの眺め。
1、昨年ビックリさせられた風力発電の風車が目立つ新しい景色。
a0136293_19505652.jpg



2、水戸口と日本海
a0136293_200345.jpg




3、橋の上からだと岩木山も大きく観える
a0136293_2032310.jpg




4、日本海と権現崎
a0136293_2042484.jpg



この日はツーリングを楽しんでいるようなオートバイと何度もすれ違った。
大きいのから小さいの、白バイみたいのからイロイロ~~
道の駅にとまっていたバイクが、かっこよくて印象に残った♪
乗れないけど、大きなバイクのエンジン音は結構好きなんだわ~^^
a0136293_20111310.jpg



こちらはトコトコトコと走る津軽線、
なんか、良い風景を観ちゃった感があって、田んぼも順調そうだし、ホッとする。
a0136293_20133025.jpg




町の踏み切りで見たこの電車は、たぶん津軽海峡線♪
a0136293_20154927.jpg




陸奥湾の風景(蟹田付近の海岸から)
1、海・・・と、カモメが一羽・・・♪
a0136293_20171727.jpg




2、遠くに観える風景は下北半島
a0136293_2018741.jpg




3、右方向をちょこっとズーム
a0136293_20204345.jpg




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




家を出てから直ぐに始まる田園風景の中に点在する茅葺き民家
1岩木山をバックに中央右寄りに3軒の茅葺き民家
a0136293_2027377.jpg



2、良く手入れされた畑に観える黄色は食用菊の花
a0136293_2028136.jpg



3、風格があるというか・・・すきの無い景色^^
a0136293_20291560.jpg



4、小さな茅葺き屋根がポツンと・・♪
a0136293_203037100.jpg



5、一軒だと思ってたら二軒写ってて
a0136293_20312859.jpg



6、二軒だと思ったら、右の方に更にもう一・二軒^^
a0136293_20323271.jpg



7、木に囲まれた民家
a0136293_20334760.jpg



8、森と田んぼと、穏やかな風景
a0136293_20345418.jpg



どれも走行中に遠くから写した風景で、
いつか近くへ行って写してみたい茅葺き屋根の民家(^^)
by cyakke-muu | 2012-09-12 20:41 | 走れば楽し

センニンソウ、実生のハマナスなど

センニンソウが甘い香りを漂わせている
昨日からの雨が、強くなったり弱くなったりしながら続いていて、
庭のどの花も滴を沢山つけている^^
a0136293_1354718.jpg



このセンニンソウ、いつごろからあるのか記憶が薄れていて、
貰ったものなのか鳥が種を運んだのか覚えていない。
ただ、二本のクレマチスのうち一本の株元に根を下ろしていて
年々クレマチスが弱っているというか、センニンソウが強くなっているような、
濃い紫の大きな花のクレマチス。今年は数個しか花が咲いていない。
左奥に見えているのは白いクレマチスの種^^
a0136293_13583069.jpg



センニンソウの少し後ろの方に、今年の春、ハマナスを植えた。
実生の子で、花は白の八重・・・の・・・筈だった。
地植えにしたとたん勢いがつきだして、
丈はまだ低いけど、しっかりした葉が沢山ついて、とうとうツボミも♪
所がその蕾に赤い色がついている。。。なぜに~~
完全に白とピンクの枝を間違えて種を採取したのか。
それとも自然交配か先祖返りか・・・

同じ時の実生のハマナスがもう一本あって、
それにツボミがついたらはっきりするかも~~~たぶん、枝を間違えたのね、
ひさしぶりに、やっちまった~気分なのだわ(^^)
a0136293_1445199.jpg



メガネツユクサにも雨の滴
a0136293_1452932.jpg



a0136293_1461448.jpg



斑入りのツユクサにも同じく、雨が~~♪
a0136293_147263.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-10 14:09 | 花 庭の四季

マルバタマノカンザシ♪

マルバタマノカンザシ
香りの良い大きな白い花と、立派な葉をもっているギボウシ♪
a0136293_15594794.jpg


時々場所を変えながら、今は庭の3ヶ所に分けて植えてある。
もともとは台所の窓に下に大きな株があって、夏の夜に窓を開けていると
咲き始めた花の香りが部屋まで漂い
朝になって窓を開けると、同じようにスッと香りが入って来る。

そういう楽しみは大きかったけれど、
台所のリフォームで植え場所を移動。台所から観えるけど、香りは遠くなった。
朝、水やりの時に花の近くへ行くと
私を忘れないで・・・と強い香りが主張して来る♪


一株だけ、実生の子がいて、それが今年は沢山の花穂をあげてくれた。
株も少しずつ大きくなっているが、葉はまだ若いような気がする。
親株から分けて植えたものは株が小さくても葉が大きいような感じ^^
右奥に見えている斑入りの可愛いホスタは
ネットのお友達から送られてきたイエロースプラッシュ
一本だけ咲いた花はもう終わっていて、来年が楽しみ~♪
a0136293_16144349.jpg




これが元々の親株の一部
なんで一部かというと・・・この葉っぱの痛々しいこと・・・(¨;)
ここ数年、オカモノアライ(ベージュの細長いカタツムリのような)らしいのが
葉を食べ尽くす勢いで困っている。
まぁ、とりあえず、これだけの花穂が上がっているのは見事かと・・・(^^)
a0136293_16202299.jpg



雨上がりの花のアップでごまかしてみました。ニャハ~♪
a0136293_16211448.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-08 16:47 | 花 庭の四季

夏の餌台と水場など

小雀もそれなりに育って、時にはケンカをしてみたり~~(^^)
a0136293_12431575.jpg




と言っても、やはりまだまだ親子のこういう光景も見ることができて
a0136293_12443131.jpg




なんか、小雀ちゃんが可愛くてしょうがないというか・・・♪
a0136293_12452279.jpg




水場を近くに持ってきたら、千日紅の千夏も一緒になんとなく良い雰囲気で
a0136293_138424.jpg





台所に立ちながら、手を動かすよりも目で雀を追いかけている方が多いかも^^
a0136293_1394263.jpg






ほんの一瞬だけど雀の餌台と水場の夏バージョン^^

by cyakke-muu | 2012-09-06 13:12 | 雀の餌台 野鳥

七里長浜港と海の遊人など、小さな浜小屋も・・・

ちょこっと用事のついでに、遊んじゃったい♪
8月はお盆の月だし、ホントは忙しくないけれど気ぜわしいというか^^
それで出かけることも少なくなり、
ウーーーグッグッグッーーどっかへ行きたいっ・・・ということで
用事を足しつつ鰺ヶ沢まで・・・トコトコトコ
新しい港へ行くと遊んでいる人がいっぱいいるとか、それって、いいかも~♪

遊んでいる人って・・・あんたたちが釣りをしてんの~?
a0136293_1675889.jpg





ちゃうちゃう~本当はこんな感じで・・・♪
a0136293_1684019.jpg





釣り人の向うの海を見れば、もっと楽しそうな若者たちが・・・^^
a0136293_1695187.jpg




サーフボードの若者たち(たぶん♪)と
a0136293_16105820.jpg




ウィンドサーフィンの若者(たぶん♪)
a0136293_16123482.jpg





かなり沖に出ていて、ダイジョブカイナと思っていると、あっという間に近くへ
a0136293_16171599.jpg





あっちもこっちもと忙しく見ていて何となく一緒に写っていたのが一枚だけ(^^ゞ
a0136293_16175657.jpg





なかなか良い砂浜でしょう。ここから十三の辺りまでを七里長浜といいまふ^^
浜辺を歩けば、多肉ちゃんの寄せ植えに良さそうな流木もいっぱいありそう♪
a0136293_16274558.jpg




これまでは岸壁と海の風景で、新港はというと、興味深いものがいっぱい♪
もしかしたら風力発電の風車の一部かしらというものや、
輸出用なのか材木も沢山あって、普段見られない光景に目をパチクリ^^

これはなぁに・・・?
a0136293_1631369.jpg




これとこれも面白い取り合わせ♪
a0136293_16315699.jpg




不思議なものがいっぱいあっても、その向うに岩木山の天辺が観えるとホッとする^^
a0136293_16334332.jpg




そしてもう一つ、この新しい港の入り口に近い所に小さな茅葺き屋根の小屋が・・
昔々の浜小屋なのか、もう朽ち果てようとする一歩手前
此処を通り過ぎて間もなく、コンクリートで埋めつくされた新港が目の前に広がって、
この昔懐かしい景色をいつまで観ることができるのかしらと、
ちょびっと寂しく感じたことでした。
a0136293_16391681.jpg

by cyakke-muu | 2012-09-02 16:46 | 走れば楽し