窓の向こうに

cyakkemuu.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2010年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

3ニャンコ 鉢巻きチョビ♪

3ニャンコは今日もストーブの前に集合♪
相変わらず寒くて、朝のうちはここが一番。
食事の後は特に仲良く、まとまって寝ています(^^)
a0136293_13525393.jpg


Meeさん大好きのHuuちゃん。
うっかりすると、Meeが動けないくらい
漬け物の重しの様に載っていることがあって慌てます。
a0136293_1353481.jpg



いつもこんな感じで、これが落ち着けるのでしょうね ^^
a0136293_13542064.jpg


久しぶりに晴れた日の猫部屋。
いつもの場所に、おニューの敷物で、ぐっすり昼寝のHuu
a0136293_13544170.jpg




でもって・・・このごろボクの出番が少ないと思わな~い?
鉢巻き坊ちゃん、寿司屋の兄ちゃん、はたまた・・・
何故にこういうハイカラな格好になったのか・・・答えは動画に(^^)v
a0136293_13545821.jpg



by cyakke-muu | 2010-04-29 14:18 | 猫 日常

ラディッシュほか芽の出たもの&ジョウビタキなど

芽の出たもの イロイロ060.gif

今年初のラディッシュ。双葉が出るのは早かったがそれからが長かった。
寒さ続きで成長の気配がない。
昨日ようやく本葉を確認し、間引きをする。
播種した間隔が大き過ぎて勿体ないので、
どうなるか知らないが、間引き苗も開いている所に押し込んだ(^^)v
それでもこの間隔。
どんだけ大きなラディッシュを作ろうとしているのか^^
a0136293_11522168.jpg



昨年種をまいて発芽、二年目を迎えるのはニッコウキスゲとミニシクラメン
同じく昨年種をまいて今年発芽したのが、マルメロとハマナス(白花)
この先どういう風に成長するか楽しみ♪
a0136293_11523997.jpg




a0136293_1237897.gif



このごろの餌台と初顔さん

スズメは巣作りや子育てに忙しいのか、
餌台にパン屑や玄米を置いても、ワッと群れて来ることはなくなり、
そのかわり、珍しいお客さまや懐かしい顔が揃った♪

まだ綿毛をいっぱいつけている小スズメ
a0136293_11535490.jpg




嬉しいことに餌台の常連さんになりつつあるシジュウカラ
a0136293_1155081.jpg




この頃は、どの野鳥もつがいで来ることが多い、
たぶんこのキジバトも同じだと思う。
今年こそ庭のナナカマドやハクモクレンに巣をかけてほしいが・・・
a0136293_11575759.jpg




初めてのお客さまはジョウビタキ♀
台所の窓の向こう、マユミの枝にフワッとオレンジ色が舞い降りた。
あわててカメラを手に持ち、窓を開ける前にシャッターを切る。

窓を開けた瞬間、飛び立つことが多いので、
初めての鳥はまずカメラに収めるのが一番(^^)v
結局窓ガラス越しの写真しか撮れなかったが、嬉しい出会いだった♪
a0136293_123172.jpg



リンゴを食べるヒヨドリ。
こうして見るとけっこう可愛いくて、でも・・・
これから先、グミやブルーベリーが実る頃はヒトとヒヨドリと競争♪
a0136293_1232044.jpg



珍しく晴れた日の餌台

by cyakke-muu | 2010-04-28 12:57 | 雀の餌台 野鳥

岩木山、湯段地区の水芭蕉

岩木山の水芭蕉群生地
弘前の桜もまだ咲いていないので、きっと早いと思いつつ、
岩木山の湯段地区に向って出発。
いつものようにMeeさん待ちの3時間ドライブ♪
目指す場所はここから観える岩木山のちょうど反対側
a0136293_1510644.jpg


岩木山に近づくと、雪、雪、雪(^^)
こりゃまだ早いわと言いながらも湯段地区の群生地へ到着。
駐車場からも白い水芭蕉の花が見え、ラッキー♪
a0136293_15131576.jpg



それにしても、この雪
遊歩道は二列あるが一つしか見えず、
人が歩いて踏み固めた所を歩かないと足を取られる。
「気をつけなきゃだめだぞ」という夫の声を聞きながら、
2・3度雪に突っ込む、ドジな あ・た・し(^^ゞ
a0136293_15133114.jpg



雪解け水の流れる音がなんと心地好いことか。
水の音、野鳥の声、そして水芭蕉。思い切ってここまできて良かった。
a0136293_15134897.jpg



水芭蕉は雪や寒さにあって、ややいじけた苞が多く、
白く輝くような苞でびっしりと一面覆われるにはまだ数日かかるようだ。
a0136293_1514465.jpg



水路があるのか、雪解け水がここの場所に向って流れ込んで来る。
ちょいと分かりにくいが、林の向こうに岩木山が観える。
a0136293_15141844.jpg



水芭蕉群から一歩出ると広々とした風景が・・・
いつも見ている岩木山と全く違う顔を見せてくれるのも嬉しい。
a0136293_15144291.jpg



帰り道は岩木山から鯵ヶ沢に向って車を走らせる。
今回は漁港を目指すのではなく、途中の山道に咲いているカタクリ
これもまだ花には早くて、
去年見つけた場所よりもずっと里に近い所で一輪見つけた♪

画像は左から、水芭蕉群で一ヶ所だけ咲いていたザゼンソウ
中がキクザキイチゲ(たぶん) そしてカタクリ(^^)v
a0136293_15184650.jpg



水芭蕉群と雪解け水の音♪

by cyakke-muu | 2010-04-26 16:36 | 走れば楽し

タツタソウ & ヒメリュウキンカ

タツタソウ
今日の晴天で一気に花が開いた感じ♪
地植えの古株で、以前はこの3倍くらいまで大きくなった。
増えていく方向(株の南側)が花壇の端で、
もう少し広くしたいと考えている。
a0136293_1764144.jpg



自然実生の地植え株
a0136293_177225.jpg



実生から育てた鉢植えのタツタソウ。
きれいだが花数は少なく、鉢植えは私には難しい(^^ゞ
a0136293_1774759.jpg



頂き物の実生株(鉢植え) 花も葉も個性的でおもしろい♪
a0136293_1794043.jpg




ヒメリュウキンカ
庭のあちこちに増えている。こぼれ種なのか、
草取りの時に球根がポロポロこぼれて広がったのか、
ともかく丈夫で良く増える♪
a0136293_17102071.jpg



細いネギのような葉がニョキニョキと見えているが、
実は元の庭の住人のアサツキ。
これも自然に広がって、そのなかにヒメリュウキンカが生えてきた ^^
a0136293_17104070.jpg



午後になるとさっさと萎んでしまう。
日差しはあるのに風が冷たいと花を閉じる、おもしろい花(^^)
a0136293_1711024.jpg





by cyakke-muu | 2010-04-24 17:29 | 山野草

タツタソウほか & フウラン(伊勢矮鶏)の水苔替え

タツタソウ(地植えの株)
少し色が薄いが、きれいな紫色の花。
地植えの株で、20年を越えているだろう。
当時はまだ高価な山野草の部類に入り、
頂いて嬉しいものの失敗したらどうしようと、
ドキドキものだった(^^)v

実際に育ててみるとイカリソウに似た栽培方法で、
植えつけた翌年から良く花をつけた。
根に触られるのを嫌うので、それだけ気をつければ意外と育てやすい。
ただし、鉢植えは難しく、花数も少ない。

この地植えの株は年数が経ち過ぎたのか勢いが弱くなっていて、
回りの土を替えようか、増えていく方向に広げようか迷っている所。
まだ咲き始めで、満開にはあと数日♪
a0136293_1620481.jpg




ショウジョウバカマ
60センチのプランターの端っこで機嫌良く咲いている♪
花茎は4本立って、株もけっこう大きい。
リフォームで台所を広げ、そのせいで植わっていた所から引っ越し。
そろそろ地植えに戻してやりたいと考えている。
鉢やプランターよりも地植えの方が似合っている、
福寿草とならんで、いち早く春を教えてくれる花♪
a0136293_16202669.jpg




トガクシショウマ
今年も沢山の花が咲きそう♪ なぜか花が咲きながら成長する。
地際から花がポコッと出てくるイメージがある。
地植えにしたものは失敗。大きめの鉢に植えたものが残って、
ここ数年、毎年花を咲かせている。

強い日光と風の当たらない大文字草の栽培小屋と、
ミャンハウスで一年を過ごす。
開花の時期はミャンハウスの住人♪
毎日変化するので見に行くのが楽しみである。
a0136293_16204851.jpg


土の上にツボミがポコッと出てくる感じがわかるだろうか、
まず花が咲いて、それからスルスルと成長する、不思議な山野草(^^)
a0136293_1621761.jpg



a0136293_16494983.gif



フウラン(伊勢矮鶏)の水苔替え
a0136293_16212920.jpg

仕立て直し、というか、水苔を新鮮なものと取り替えた♪
去年は咲かなかった伊勢矮鶏、たぶん水苔が痩せて少なくなり、
乾き過ぎたか、栄養不足か、どちらかだろう・・・かなぁ・・・ ^^

ともかく新鮮な水苔は沢山あるので取り替えることにする。
この伊勢矮鶏を着けているのはヒビの入ったガーリックポット♪
素焼きの壺なので具合が良い(一応底には水抜きの穴を開けている)

画像1
まずは壺の中身を出してしまう。
底には炭を入れてあり、
そのおかげで匂いも水苔そのまま。炭はえらい^^

画像2
次に壺と根の回りの水苔を取り去る
ピンセットと割り箸の両方を使い、根を傷つけないように・・・
壺に直に着いている根はしっかりとしがみついている様に離れない。
元気の良い証拠でうれしい。

画像3
水苔を全て取り去り、壺に着いている根以外は株が浮いている^^
新しい水苔を壺に置き、その上に株を載せてさらに水苔をかぶせる。
壺のベッドに布団を敷いて寝かせ、優しく掛け布団をかける感じ。

画像4
綿糸でぐるぐるに縛って固定。出来上がり♪
が、少し布団が厚過ぎる様な・・・(^^)
マァ、そのうちなんとか落ち着いてくれるだろう、と、おもう^^



花芽発見♪
今年も花は無理かと思っていたら、小さな花芽を発見。
花芽がついてから仕立て直しに近いことをして大丈夫かしらん。
ま・・・なんとかなるでしょう・・・ ^^
a0136293_16214557.jpg



072.gif水苔のこと
数年前から生の水苔を育てている。
発泡スチロールのトロ箱に水苔を入れ、
底に近い横の部分に水抜きの穴をあけているが、これで機嫌良く増えてくれる。
しかし、問題が一つ
今回わかった事だが、一番底に近い部分がカビ臭い。
勿論その部分を取り去って使用しているが、なんとかせねばならない。

水苔の中にはトキソウを植えてあるのだが、
去年は極端に花が少なくなっていた。
何が原因かわからなかったが。今日はっきりと認識。

生の水苔は上へ上へと伸びて元気だが、
底の部分がそれではトキソウも枯れてしまう。
早急に対処しなくてはならない。
by cyakke-muu | 2010-04-23 18:44 | 山野草

Huuの、なんでしか & この頃の3ニャンコ♪

チョイチョイ・・パッ・・・チョイチョイ・・パッ・・・♪
a0136293_1665593.jpg



なんでしか・・・なんでしか・・・これはなんでしか・・・?
a0136293_1672098.jpg



クンクン・クンクン・・これはなんでしか・・・(^^)
a0136293_1673939.jpg



遊べないものは、つまらないでし・・・だから・・ねましょ^^
a0136293_1684837.jpg




お昼寝から目覚めてみれば、あによ~ (`´)
a0136293_169968.jpg



きゃ~~ デカチョビったらもう~~
a0136293_16926100.jpg



ウーン、ここは・・ええのう・・あったかいのう・・
Huu&チョビが猫パンチ合戦をしている間に、
Meeさんが、カンガルー袋の中でで寝ちゃいました。
a0136293_1694914.jpg



寝るといえば、この姿♪
写し損ないましたが、Huuがチョビのアンヨをペロペロと・・
Huuちゃん、ホントはお姉ちゃん猫で気立ては良いのです・・・・・って、
なんという猫バカちゃんりん(^^)v
a0136293_16101741.jpg



ほっほっほー 仲よきことは・・・ええのう♪
a0136293_16103783.jpg



ということで全体を見ると、なんだか・・・ねぇ~ ^^
a0136293_16105870.jpg






by cyakke-muu | 2010-04-21 16:28 | 猫 日常

橋の上から・・十三湖と日本海♪

久しぶりに実家のある十三湖へ行ってきました。
十三湖は津軽半島の上の方にある、日本海に繋がった潟湖。
汽水湖なので昔々から美味しいシジミが採れることでも知られています。

いつもは車で通過する十三橋を歩いて渡りました。
高い所からパシャパシャと、デジイチのシャッター切る気持ちよさ♪
本集落から見ると橋向こうとなる景色が最初の画像で、
小さな集落の向こうに実家があります(^^)v
a0136293_15103540.jpg



上の画像で船が向ってきますが、橋の下を通過、海に進んでゆきます。
ここは湖から海に通じる水戸口といい、ボラやスズキがよく釣れる所です。
a0136293_15112157.jpg



アップにすると船の向こうに、小さな赤い灯台が見えます。
小さい頃から変わらずにある灯台は
いまでも明かりを灯して船の安全航行に役立っています
a0136293_15151428.jpg



立っている場所から北の方(津軽半島の更に上の方向)を見ると
権現崎が見えます。
a0136293_15122115.jpg



アップにすると、ここにも白い灯台が・・・♪
a0136293_15114161.jpg



振り返って南の方角を見ると、海と湖の間にある前潟が見渡せ、
空気が澄んでいればここに岩木山がどっしりと観える筈(^^)
a0136293_15134018.jpg



橋を渡り切る前に階段を使って下に降りてみることにしました。
いつもと違う渡り方がワクワクします^^
降りた瞬間に振り返ると、こんな感じに見えるんですねぇ。
a0136293_15171882.jpg



ちょっとしたトンネルに観える橋の下
向こうに観える松林を歩いていくと実家に着きます♪
a0136293_15174237.jpg




実家に着いてホッと一息。
桟橋に出るとゆったりと安心した気分になれます^^
(四角い籠のようなものはシジミを採取する道具のジョレン)
a0136293_15182753.jpg



桟橋の先端から右をみれば、今渡って来た橋があり、
a0136293_15184239.jpg


左を見れば、新しい景色が目に入ります。
風力発電の風車が7基(数え方はこれで良いのか???)も出来ていてびっくり!
トシとるわけだわと妙に納得した一日でございました(^^)v
a0136293_15185313.jpg



この日会った花達は、
十三湖の手前の小さな湿地の水芭蕉と、
実家で咲いていたチューリップ&クロッカス♪
a0136293_15364621.jpg



十三湖で出迎えてくれたのは磯ヒヨドリ(左端)とゴメ達でした。
(ゴメは津軽弁でウミネコやカモメのことを総称していいます)
a0136293_1537153.jpg





橋の上から観た十三湖をちょこっと♪

by cyakke-muu | 2010-04-19 16:48 | 走れば楽し

カワラヒワに恋の季節が・・・♪

餌台に嬉しいお客さま♪
この頃、シジュウカラがちょこちょこ餌台に来るようになった。
2~3日みえなくて、もう来ないのかなと思っていると
チチッ・・チチッチッ・・・と、可愛い声が聞こえる
下を歩いて餌を探して、そうしてちょこっと餌台にやって来る
一つのヒマワリの種を懸命に食べている姿が可愛い♪
a0136293_17321832.jpg



こちらパンが大好きなヒヨドリ。餌台の常連さんです(^^)v
a0136293_17424554.jpg



カワラヒワに恋の季節がきたようです♪
餌台の上にいる間に上手に殻から種を取り出し、
くわえて無花果の枝へ飛びます。
a0136293_17434765.jpg



枝で待っているのが、たぶんメスのカワラヒワ^^
今まで2種類いるのは分かっていたのですが、雄と雌の区別ができなかった
a0136293_1744467.jpg



親子ではない、カップルらしいカワラヒワ♪
無花果の葉が茂る頃には可愛いヒナを連れて来ることでしょう(^^)v
a0136293_17442989.jpg



シルエットで現れた・・・あなたはだあれ?・・・って、ヒヨドリだよねぇ
a0136293_17522176.jpg



いつもはパン屑かリンゴを食べているのに、
今日はヒマワリの種をたべました。
しかも丸飲み・・・見ちゃったあとで・・・なんか楽しくなりました^^
a0136293_17524168.jpg



ということで午後の餌台の様子です♪

by cyakke-muu | 2010-04-16 18:55 | 雀の餌台 野鳥

猫ちぐら 

a0136293_12464516.jpg

憧れの、猫のいる風景♪
茅葺き民家の囲炉裏の横に
稲わらで編んだ丸い猫ちぐらが置いてあって、
凍てつくような冬の日でも、
ヌクヌクホカホカと暖まっている猫がいる。

茅葺き屋根や囲炉裏は無理でも
せめて猫ちぐらを側において雰囲気を味わいたい。
猫達もさぞかし喜んでくれるだろう♪

憧れの猫ちぐらを通販で購入したのは十数年も前のこと。
猫達は、それは喜んで猫ちぐらを活用した。
昼寝より先に爪を研いだのである(^^;)

上も下も、ボサボサになった猫ちぐら。
きっちりと厚みを持って編み込まれた猫ちぐらは、
たぶん、一冬の間に良い昼寝場所と爪研ぎ場所となっているのだろう。
春になれば農作業が始まり、
夏が過ぎて実りの秋が訪れれば、また新しい稲わらができる。

冬が来る前には囲炉裏の側に真新しい猫ちぐらが置かれ、
中に入って、うつらうつらと眠る猫がいる。

昔々から、そうやって猫ちぐらが作られ続けたのではないだろうか、
そういう風に想像はできるが、
かといって高級品の猫ちぐらを毎年購入するなど考えられない。

ボサボサにはなっているが、
厚くしっかりと編み込まれた猫ちぐらはまだまだ使えそうだ♪
ということで、十数年間、一つのものを使い続けている。
これ以上は爪研ぎさせてなるものかと、
上には風呂場の足ふきマットや、
デニムのエプロンをかけて守っている(^^)v

先代ネコちゃんとMeeさん、Huu&チョビ
みんなが好きな、春から秋までのお昼寝場所♪



a0136293_13333532.gif




2005年9月 Meeさんの昼寝♪
中で丸くなるよりも、頭を外に出して寝るのが好き
ついでにベロも出てるしぃ~(^^)
a0136293_1247729.jpg



2005年9月
a0136293_12472437.jpg



2008年9月16日 チョビがやってきて2週間。
馴れない家で隠れる場所が欲しかったのか、
Huuと遊びたかったのか、よく潜り込んでいたチョビ♪
a0136293_12482478.jpg



2008年9月24日 チョビの出現に少し疲れているHuu
a0136293_12474536.jpg



2008年10月21日 眠り続けるHuuを労るように見てるMeeさん。
a0136293_1248626.jpg





殆どボサボサ状態の上部とまだ爪研ぎにあっていない内部(^^)
本当にきれいに丁寧な仕事をしてあって、
いつの頃からあったのか分からないが、
この猫ちぐらにも民芸という言葉が似合っているように思う。
a0136293_12484122.jpg




そしてこの頃の猫ちぐらは・・・・・・・(^^)/

by cyakke-muu | 2010-04-14 13:40 | 猫 日常

雪割草、キクザキイチゲほか

待ち遠しかった山野草の開花が始まった♪
福寿草は3月半ばから咲いていたが、それでも例年より遅れての開花。
玄関先の小さな花壇に腐葉土をいっぱいに漉き込んで、
山野草のコーナーを作って3年目くらいか、
何度も移植を繰り返した福寿草もいじけることなく咲き、
新しく移植した雪割草も順調に花をつけている。

今年はネット友達の庭で見た芍薬の赤い芽に心を動かされ、
一時は諦めた山芍薬の花をもう一度庭で咲かせたくて、
とうとう花芽付きの苗を道の駅で見つけて購入(^^)v
小さなこの場所に、入りきれないくらい山野草があるのに、
つい・・つい・・ネ・・・(^^ゞ

この場所で、福寿草の次に開花したのは雪割草(4月6日)
a0136293_1340359.jpg



それから1週間でこんな感じになりました♪
一つ二つとツボミが上がって、いまは5つの花が咲いています。
花びらが、ちょっと虫に食べられたのは残念。
a0136293_13404520.jpg



キクザキイチゲも4月6日頃から咲き始め、
これは10日に写したもの♪
a0136293_1341134.jpg


そして今日は福寿草と一緒に♪
a0136293_13413542.jpg



キクザキイチゲの青花
今年はこの一輪だけのようで、隣の花壇に植えてありますが、
腐葉土の多い場所に持ってきた方が良いような気もして、迷うところ
a0136293_1342280.jpg




アジサイの株元に移植した福寿草は、数年かけて完全に根付いているもよう。
福寿草は簡単には根がつかなくて、移植の度に申し訳なく思います(^^;)
a0136293_13422860.jpg



こちらプランター植えのショウジョウバカマ♪
家のリフォームで植え場所が無くなり、一時預かりの形でプランターへ、
それがなぜか機嫌良く咲いて、今年は4本の花茎が伸びている。
株が大きく、プランターではかわいそうになっており、
今年は花壇に移植の予定。
a0136293_13424460.jpg



そしてヒメリュウキンカ
洋種の山野草に入るらしいが、土を選ばず、ともかく丈夫で良く増える。
気がつかないうちに庭の其方此方に芽が出て
可愛い黄色の花が目立つようになり、ビックリ(^^)
a0136293_1343389.jpg



小さな山野草のコーナー。このあとも次々と芽を出します♪

by cyakke-muu | 2010-04-13 16:48 | 山野草